「労働新聞」経済建設で堅持すべき重要な原則について強調

 

 

「労働新聞」経済建設で堅持すべき重要な原則について強調

 

【平壌8月2日発朝鮮中央通信】2日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、経済全般を整備、補強するためには、自力更生の革命的原則を徹底的に具現しなければならないと指摘した。

同紙は、自分の技術と力量に徹底的に依拠するのは経済建設において一貫して堅持すべき根本原則だとし、次のように強調した。

自分の人民の底知れない力に頼ってこそ、速くて持続的な発展を遂げることができる。

天下第一強国をうち建てる強烈な志向と熱望で心臓の血をたぎらせ、足は自国の地に据え、目は世界に向けて未来を早めるために闘っていくわが人民の創造の力は底知れない。

人民の力と知恵に頼る時、われわれは自立、自力で持って新しい発展と繁栄の局面を開き、いくらでも社会主義強国建設偉業を実現することができるというのが過ぎ去った歴史が刻み付ける哲理である。

自分の原料、資材に徹底的に依拠するのは経済建設で具現すべき重要な原則である。

われわれの原料、資材に徹底的に依拠するのは、人民経済の自立性と主体性を保障する上で中核的問題である。

われわれの設備、われわれの原料、資材で運営される経済、これがわれわれが建設する自立的民族経済の実体である。

自力更生は、わが国家と人民が永遠にとらえていくべき戦略的路線である。

偉大な党の懐で自力更生の歴史を学んで育ち、自力更生で万難試練を切り抜けてきたわれわれにとって自力更生の他に、いかなる他の選択とはあり得ない。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved