生物学上の特性を利用した混生養殖を奨励する

 

 

生物学上の特性を利用した混生養殖を奨励する

 

普通、コンブは光合成の過程に炭酸ガスを吸収し、酸素を発生する。

この反面、イガイは酸素を吸収して炭酸ガスを排出する。

利原水産事業所では、このような特性を利用してコンブとイガイの混生養殖を奨励している。

今、事業所では10余ヘクタールの浅海養殖場の上層海面でコンブとイガイを養殖し、海底ではナマコを養殖している。

支配人の話によれば、コンブとイガイ、ナマコを一緒に養殖すれば、互いによい影響を与えるため早く育ち、海を立体的に利用できるので非常に実利的である、という。

混生養殖を行って以来、事業所の生産量は1.5倍以上に増えた。

事業所では毎年、数十万匹のナマコの子を養殖して養殖場に放流している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved