朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が談話発表

 

朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が17日、次のような談話を発表した。

北南関係が取り返しのつかない最悪の破局へ突っ走っている中、南朝鮮当局者がついに沈黙を破った。

去る15日、青瓦台の首席秘書官および補佐官会議と「6・15宣言20周年記念行事」に送った映像メッセージなるものを通じて、連続2回にわたって長たらしい演説を行った。

2000年の6・15共同宣言署名の時に南側当局者が着用したネクタイまで借りて結び、2018年の板門店(パンムンジョム)宣言の時に使った演台の前に出て象徴性と意味はいつものように苦労して付与しようとしたが、その内容を聞いてみれば事新しく嫌悪感を禁じ得ない。

一言で言って、生水を飲んで当たった声のような鉄面皮かつずうずうしい内容だけをまちまちに並べ立てた。

それでも「大統領」の演説であるが、民族に対して担った責務と意志、現事態収拾の方向と対策とは探してみようとしても見られず、自分の弁解と責任回避、根深い事大主義に点綴(てんてい)した南朝鮮当局者の演説を聞いていると、我知らず胸がむかつくのを感じた。

 

本末を転倒した美辞麗句の羅列

 

重大な現事態がくずの連中の反朝鮮ビラ散布妄動とそれを黙認した南朝鮮当局のために招かれたということは、周知の事実である。

それなら、南朝鮮当局者の今回の演説は当然、それに対する謝罪と反省、再発防止に対する確固たる誓いがあって当然であろう。

しかし、本末は跡形もなく責任回避のための弁解と術策をごちゃまぜにした華麗な美辞麗句で一貫している。

平和は一朝にして来ない、曲がりくねって流れてもしまいには海へ向かう川水のように楽観的信念を持たなければならない、のろくても一歩ずつ進まなければならない、と言いながら、特有の語法と話法で「気取り屋」のまねをしようと読む文の表現を整えるのにかなり手間をかけたようだが、現事態の本質をいったい知っているのかを問わざるを得ない。

くずの連中が働いた反朝鮮ビラ散布行為とそれを黙認した南朝鮮当局の行為は、抽象的な美化粉飾でうやむやにできる問題ではない。

北南関係の基礎で出発点である相互尊重と信頼を南側が決心してけなしたというところに根本問題がある。

われわれが神聖視するものの中でも最も中心の核である最高の尊厳、わが委員長同志をあえて冒瀆し、同時に全朝鮮人民を愚弄する天下にまたとない妄動をはばかることなく恣行(しこう)した。

これいかに「一部」の所業に、「不便で難問」に罵倒し、単に「重い心」にのみ対することができるか。

重ねて付け加えて言うが、われわれの尊厳の代表者である委員長同志をあえて冒瀆したのは、わが人民の精神的核をけなしたことであり、それが誰であれこれだけは絶対に少しも許せないということが全人民的な思想感情であり、われわれの国風である。

先日、青瓦台が対北ビラ散布は百害あって一利なしの行為だと公式に認め、それに対して断固と対応すると言ったのも、南側自らがどれほど骨身に染みる罪を犯したのかをよく知っているからであろう。

ところが、南朝鮮当局者には何を誤ったのかに対する認定もなく、いささかの反省もなく、対策はなおさらない。

自分が犯した過ちに対して責任を負わず他人に転嫁しようとするのは、卑劣な者が働く行為である。

このようなずうずうしさと醜悪さが南朝鮮を代表する最高執権者の演説に映ったのは実に、驚愕すべきことだと言わざるを得ない。

南北関係を止めてはならないと言いながらもその出発点となる自分らの過ちを率直に認定するのはあくまでも避け、願わない荒波に入りかねないと騒ぎ立てながらもその解決策であるくずの連中の妄動を阻止させる対策を一つも出さない底意は明白である。

邪悪な言葉遣いで罪悪を覆い隠し、目前に迫った危機でも免れるということだが、実に浅はかで愚かな考えである。

信頼が根元まで崩れ、嫌悪の念は極に達したのに、一言、二言の甘言で北南関係を反転させられるだろうか。

 

責任を転嫁する鉄面皮な詭弁(きべん)

 

南朝鮮当局者は、北南関係を牽引すべき責任ある当事者である。

歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言と平壌共同宣言に署名したばかりか、8千万同胞に対して民族の運命と未来を公言した当事者として北南関係がよくなってもならなくても、それに対する全責任を負う姿勢と立場に立つのはあまりにも当然なことである。

ところが、今回の演説をよく見ると北南関係が進展を遂げていないのが全ていわゆる外的要因にあるように押し付けている。

「政権」が交代するにつれて対北政策が一貫性を失ったりした、国際情勢が揺れたため北南関係が一直線に発展することができなかったと愚痴をこぼしたが、共同宣言履行のために自分らがやる事は最初からなかったと直に打ち明けた方がもっとよかったであろう。

演説通りなら、北南関係が一歩も進まなかったのが南朝鮮内部の事情のためであり、米国と国際社会の支持が伴わなかったからだということだが、過去それほど口にしばしば乗せていた「運転手論」が決まり悪くなる弁解だと言わざるを得ない。

「期待ほど南北関係の進展が遂げられないことに対して私も惜しさが大きい」と言ったが、漠然たる期待と惜しさを吐露するのがいわゆる「国家元首」が取る姿勢と立場なのか。

看過できないのは、現事態に関連してわれわれがくずの連中の対北ビラ散布と自分らを非難し、疎通を断絶して過去の対決時代に戻るかもしれないので気掛りだの、疎通と協力で問題を解決していくことを願うと力説したことである。

節節に鉄面皮さとずうずうしさがかび臭く付いている詭弁だと言うべきであろう。

北南関係に責任を持った主人の姿勢と立場へ戻れというわれわれの勧告と忠告につんぼ、おしの真ねをして信義と約束を弊履のごとく捨てたのは果たして誰なのか。

それにも満足せず、自分らが招いた事態の責任までもわれわれに転嫁しようとするのは実に、ずうずうしくてごう慢不遜な行為だと言わざるを得ない。

板門店宣言2条1項には、軍事境界線一帯で拡声器放送とビラ散布をはじめとする全ての敵対行為を中止することについて明記されている。

2年という長い時間、一度や二度でもなく、自分の内部で繰り広げられる反朝鮮ビラ散布を見なかった振りをして放置しておいたのは、誰が見ても南朝鮮当局の責任であることが明明白白である。

鉄面皮さの極みは、自分らがあたかも北南合意を履行するために多くの努力をしたようにくどくど言ったことである。

いったい、板門店宣言と9月平壌共同宣言で南朝鮮当局が履行すべき内容をまともに実行したのが一条項でもあると言うのか。

したことがあるとすれば、主人の役目を果たさず宗主の機嫌を見、国際社会に哀願したのが全部であるが、それを「絶え間ない努力」「疎通のひも」に包装するのはキツネも顔を赤らめる卑劣でずる賢い発想である。

自分の口でも、薄氷の上を歩くように用心深く臨んだと言ったが、実際に北南間で十分にできることも決断力を持って推し進められず、座り込んでいたのがまさに南朝鮮当局者である。

歴史の責任は、転嫁するからといってなくなったり、避けられるものではない。

最小限でも、自分の責任は自分が負うという姿勢だけでも見せなければならないが、見るほどいぶかしさを呼び起こす人である。

 

卑屈さと屈従の表出

 

南朝鮮当局者は今回、「北南宣言は揺れてはならない確固たる原則」であることをうんぬんし、「与件醸成」がだめでも北南関係において何かをするかのようにつまらないことを並べ立てた。

しかし、北と南の意志だけで思う存分駆けていける状況ではない、のろくても国際社会の同意を得る努力もねばり強く傾けるというくどい事大主義うんぬんをひとくさり並べ立てる瞬間、変われない事大依存の本態が余地もなくさらけ出された。

いくら宗主の機嫌を見ながらそわそわして生きていく哀れな境遇であっても、北南関係がこんにちのような破局に至った時になってまで、南朝鮮をめった切りした強盗に物乞いの手を差しださなければならないのか。

自他が公認するように、立派であった北南合意が一歩も履行できなかったのは、南側が自ら自分の首に掛けた親米事大のわなのためである。

北南合意文のインクが乾く前に、宗主が強迫する「韓米実務グループ」なるものをさっと受け入れて、ことごとに北南関係の全ての問題をホワイトハウスに供してきたのが今日の残酷な悪結果に戻ってきた。

戦争遊戯をしろと言われれば戦争遊戯をし、ハイテク兵器を買えと言われればあたふたと天文学的血税を貢ぐ時、自分らの間抜けな行動が北南合意に対する乱暴な違反につながるということを知らなかったはずではなかろう。

しかし、北南合意より「同盟」が優先で、「同盟」の力が平和をもたらすという盲信が南朝鮮を持続的な屈従と破廉恥な背信の道へ導いた。

これまでの2年間、南朝鮮当局は民族自主ではなく、北南関係と朝米関係の「善循環」という突拍子もない政策に邁進(まいしん)してきたし、遅ればせながら「身動きの幅を広める」と鼻を高くする時にさえ「制裁の枠内で」という前提条件を絶対的に付け加えてきた。

こんにち、北南関係が米国の翻弄物に転落したのは全的に、南朝鮮当局の執拗(しつよう)で根深い親米事大と屈従主義が生んだ悲劇である。

問題は、ドブにはまってもがくこの瞬間までも、南朝鮮当局者が外部勢力のズボンの裾を放せないとして汚らわしい姿を見せていることである。

獣も一度はまった陥穽には、再びはまらないと言われた。

ところが、自分の手で自分の目を突く間抜けな呪文を一度や二度でもなく、演説するたびに間違いなく我を忘れて唱えているのを見れば、見かけではまともに見える人が気がおかしくなったのではないかという心配がする。

事大と屈従は、自滅を招く前奏曲である。

根深い事大主義根性に虐げられ、汚辱と自滅へ突っ走っているこのように卑屈で屈従的な相手とこれ以上、北南関係を論じられないということが、固まるほど固まったわれわれの判断である。

政治家なら理想も重要だが、自分がやるべきことを決断力を持って探してする気質があるべきではなかろうか。

そう言えば、行動より言葉が達者な人がたまに居るのは居る。

いつも、フォーラムや撮影機、マイクの前に出れば、まるで子供のように純真で希望に膨れた夢のようなことだけをしゃべり、偉そうなふり、正義に富むような振り、原則的であるようなふりをして、平和の使徒のように振る舞いを鼻持ちならないようにしているのだから、そのぶざまを一人で見るのが惜しくてわが人民にも幾分知らせようとわたしが今日また、言葉爆弾を爆発させるようになったのである。

とにかく、今や南朝鮮当局者らがわれわれとは何もすることができず、引っ込むようになった。

今後、南朝鮮当局者らができることとは後悔と嘆きだけであろう。

信義を裏切ったのがどんなに大きな代償を払うことになるのかを南朝鮮当局者らは流れる時間の中で骨身に染みるほど感じることになるであろう。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved