朝鮮労働党統一戦線部長 南朝鮮当局とこれ以上対座することはない

 

朝鮮労働党中央委員会統一戦線部長のチャン・グムチョル氏は17日、次のような談話を発表した。

16日、われわれは開城工業地区にぶざまに建てられていた北南共同連絡事務所を爆破した。

あわてふためいた青瓦台が安全保障会議を招集し、その結果に対する公式立場なるものを明らかにしたが、かつて長い間使ってきたたいへん古い手口通り他人に責任を転嫁しながらあえて誰それを脅かすなどの笑止千万なたわごとまで言い立てている。

強い残念を表明するだの、期待に背いた行為だの、全ての事態の全責任が北にあるだの、状況を引き続き悪化させる措置を取る場合、強く対応するだのと言いながら、それさえメンツでも立てる心積もりで目をじっと閉じて悲鳴のような声をあげるざまを見守った。

今までくずの連中の反朝鮮敵対行為を黙認したというわれわれの叱責によって悩まされ、追われているうえに、自分の内部でも屈辱的な低姿勢政策、北の下命に屈従する政策だという非難攻勢を数多く受けてきたのだから、それでも今回だけはメンツ維持が切実であった模様である。

全民族と世界の前で行った北南宣言と合意を反故(ほご)にした張本人が誰なのに、いったいその責任を誰に転嫁するのか。

われわれが最も神聖視するのをけなしてわが人民をそれほど激怒させ、情勢を収拾しがたい窮地に追い込んだ挑発者が果たして誰なのにあえて誰に鞭を打つと言うのか。

世は責任を負うべき張本人をあまりにも明白に見分けている。

当然な罪の代価を払うひどい目にあったことだけであるのに、呵責を受ける代わりに低劣に事態の責任を論じ、われわれにそれを負えと言うのだから、われわれはよろこんで責任を負うであろう。

責任を負っても、われわれに害になるのは一つもないからである。

卑怯で軟弱で、時を構わず汚らわしく振る舞う相手と何百回対座したところ履行されるものもなく、北南関係の将来も見えないのだから責任を負っても何が恐ろしいだろうか。

われわれは、見守るほど嫌悪らしくて汚らわしい南側当局とこれ以上対座したい考えがない。

それで北南間の接触テコをなくすことを始めたのである。

北南関係が総破綻したことに対する責任を負っても、われわれはびくともしない。

得失関係を突き止めても、われわれには何の失もない。

執権期間に治績積みに没頭してきた南朝鮮当局者にとって利害関係がある問題であって、われわれは今まで何か得をしようと南側を相手にしたのではない。

それゆえ今後、南朝鮮当局との何の交流や協力というものはあり得ない。

やりとりする言葉自体もないであろう。

今まで、北南間にあった全てのことは一場の春夢と見なせばそれまでだというのが、われわれの立場である。

今回の事態を通じて敵はやはり敵だという結論を再び確認したのが、本当に幸いである。

われわれがすでに下した決断が至極正しかったということが証明された。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved