外務省米国担当局長 南朝鮮当局は非核化というばかげたことを言わない方がよい

 

朝鮮民主主義人民共和国外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は13日、次のような談話を発表した。

12日、南朝鮮の「外交部」当局者が朝米対話の速やかな再開のために持続的に努力するだの、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和体制構築のための努力は続くべきだのとせん越に言った。

朝米間の問題と特には核問題について論じる身分でもなく、割り込む隙も、席もない南朝鮮当局が朝米対話の再開をうんぬんし、非核化について自分勝手に解釈しながら言葉にもならないたわごとを言っているが、実に途方もないことである。

ちゅうかいに投げられたキュウリのへたのようにそれほど見捨てられたのなら、今や自分の境遇を知って余りあるはずであるのに、僧が念仏を読むように無分別に非核化をうんぬんしているのである。

まさに1年前も、ふさわしくない体裁でぶざまに振る舞わず、朝米の間からさっさと抜けろと忠告を与えたと記憶されるが、今までも介入する名分を探してみようとする南の人々の姿があまりにも哀れでみすぼらしい。

言っておくが、今、朝米対話がなく非核化が台無しになったのは仲裁者がいないからではない。

あえてその理由を南で好んで使う言葉通り説明するなら、非核化に向けた「与件醸成」ができていないからである。

非核化が実現されるには、どのような条件が成熟すべきであり、どんなに多い山を越えなければならないのかその概念さえ知らないとんまらが生水を飲んでげっぷをするようにその渦中にもオウムのように非核化をうんぬんするざまを見ると、そんなにも愚鈍であるのかという考えを禁じえない。

いくら仲間入りしたくても、この程度なら身の程をわきまえるべきではないか。

明白に言っておくが、われわれは米国が加える持続的な脅威を制圧するためにわれわれの力を引き続き養うであろうし、われわれのこのような努力はまさにこの瞬間にも絶え間なく続いているということである。

われわれを相手にしようとするなら、多くの苦心をし、他の方法を探して接近すべきであろう。

われわれは2年前とも多く変わったし、今も変わっており、引き続き恐ろしく変わるであろう。

非核化というばかげたことは言わない方がよい。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved