朝鮮労働党統一戦線部長が北南関係はすでに収拾できない域に至ったと主張

 

朝鮮労働党中央委員会統一戦線部長のチャン・グムチョル氏は12日、次のような談話を発表した。

後悔先に立たずという朝鮮のことわざが、間違ってはいない。

11日、南朝鮮の青瓦台がビラ散布行為に関する立場を発表したことについての言葉である。

同日、ついに沈黙を破って安全保障会議常任委員会を開催した青瓦台は、対北ビラ散布行為を明白に現行法に抵触する行為と規定し、法を違反する場合、厳正に対応し、南北間の全ての合意を順守していくという立場を公式発表した。

今まで、今回の事態に関連して戦々恐々としながら「統一部」の後ろに隠れていた青瓦台がついに前面に出ていわゆる「大勇断」でも下すように立場表明をしたが、われわれとしては信頼よりも疑惑がもっとわく。

聞いてみれば、贖罪(しょくざい)と反省の気配もし、「厳正対応」の意志ももっともらしく見える。

しかし、これが青瓦台が現危機を免れるために自分なりに頭を働かせて作り上げた術策ではないかという疑いを払拭することができない。

犯した重い罪に比べれば、反省する態度があまりにも軽々しいからである。

今まで、南朝鮮当局が口先ではどんなに良いことを言ったのか。

左右上下の機嫌をうかがってまごつきながら、うわべだけの言葉を並べ立てるのが、南朝鮮当局であった。

今まで、言葉不足で文章をろくに残すことができず、北南関係がこの域に至ったのではない。

自分が言った言葉とした約束を履行する意志がなく、それを決行する力がないし、無力無能であったので、北南関係がこの状態、このざまになったのである。

すでに存在している法も今ややっと使う境遇で、新たに作るという法はいまだに手にしてぐずぐずしているが、それがいつ採択されて効力を生じるようになるかということである。

そんなにも北南関係が悪化することを心から懸念したなら、板門店(パンムンジョム)宣言採択以後、今まで2年になる長い時間が流れる間に、そのような法などは十回、二十回も制定して余りあったであろう。

今、この瞬間にも南朝鮮の保守一味はいわゆる「対北低姿勢」と「屈服、屈従」をうんぬんし、当局に向かって青筋を立てているかとすれば、人間のくずは6・15にも、6・25にもまたビラを散布すると口角泡を飛ばして狂奔している。

あえて、われわれの最高の尊厳に向けた冒瀆(ぼうとく)と中傷もやめずにいる。

後ろ足を引っ張る宗主と「表現の自由」を叫びながら南朝鮮内で響き出るその全ての雑音をどのように抑えて管理しようとするのか分からないことである。

今、青瓦台と「統一部」、執権与党まで総出動して「百害あって一利なしの行為」だの、「厳正な対応」だの、何のと奔走しながらも、せいぜい警察を押し立ててビラ散布を防ぐと言っているが、付与された公権力もまともに行使できない彼らがろくに対処できるか疑問である。

遅ればせながら事態を収拾したかのように唱えるが、あくまでも空論にすぎない愚行にのみ見える。

北と南が手を取り合って固く約束し、一字一字検討して文書を作り、判まで押して世界に厳かに宣布した合意と宣言も反故(ほご)にする人々がいくら甘言を並べ立てても誰がまともに聞き入れるだろうか。

そのような三文の値打ちもない芝居で火山のように噴出するわが人民の激怒を静め、軽々しく舌を動かすことによって険悪になった現在の事態をうやむやにしようと打算したなら、それほど愚かな誤算はないであろうし、それはむしろ、われわれに対するもう一つの愚弄になるであろう。

今回の事態を通じて、努力して寄せようとした南朝鮮当局に対する信頼は粉みじんになった。

南側の人々のように口の達者な人がまたどこに居るだろうか。

大きなことをやり遂げるかのようによくほらを吹くが、実践は一歩も踏み出せない相手と本当にこれ以上、向かい合いたくない。

これから流れる時間は、南朝鮮当局にとって非常に後悔となり、つらくなるであろう。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved