朝鮮の李善権外相 われわれが米国に送る答えは明白だ

 

 

朝鮮の李善権外相 われわれが米国に送る答えは明白だ

 

【平壌6月12日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国の李善権外相は12日、次のような談話を発表した。

歴史的な6・12朝米首脳会談があった時から、二つの年輪が刻まれた。

732日というこの短くない日々とともに流れてきた朝米関係を通じて、世界は何を目撃し、歴史はどんな教訓を残したのか。

明白なのは、2年前、この惑星の脚光を浴びて胸いっぱいに膨れ上がった朝米関係の改善に対する希望はこんにち、悪化上昇という絶望に変わり、朝鮮半島の平和・繁栄に対する一縷(いちる)の楽観さえ悲観的悪夢の中に消えてしまったということである。

地球上で最も敵対的な朝米関係に永遠の終止符を打ち、平和と繁栄の新しい協力の時代を開いていくという朝米両国人民の念願は以前と変わりがないが、朝鮮半島情勢は日増しに悪化一路へ突っ走っている。

この2年間の朝米関係が、それを実証している。

わが最高指導部が取った北部核実験場の完全廃棄、数十体の米軍遺骨送還、抑留されていた米国籍の重罪人らに対する特赦実施は言うまでもなく、世紀的決断となる意味ある措置であった。

特に、われわれは朝米間の信頼構築のために核実験と大陸間弾道ロケット試射中止の措置を先制的に取る戦略的大勇断も下した。

だとすれば、われわれが取ったこの特段の措置に毎度深い謝意を表した米国が合意の一方としてこの2年間、いったい何をしておいたのかを注目してみなければならない。

「ミサイルの実験がなく、米軍の遺骨が帰ってきた」

「抑留された人質も連れてきた」

アメリカ合衆国を代表するホワイトハウスの主人が、時を構わず自慢の種に言いふらした言葉である。

言葉ではわれわれとの関係改善を標榜(ひょうぼう)し、実際には情勢の激化にのみ狂奔してきた米国によって現在、朝鮮半島は朝米双方が合意した恒久的で強固な平和保障とは正反対に核戦争の幽霊が恒常的に徘徊(はいかい)する世界最大のホットスポットと化した。

過去も、現在も米国の核先制攻撃リストに朝鮮がのせられており、米国が保有している各種の核打撃手段がわれわれを直接狙っているのがこんにちの現実である。

南朝鮮地域上空に時を構わず飛来して核打撃訓練を行っている核戦略爆撃機とその周辺海上で群れをなして奔走している空母打撃集団は、その代表的実体である。

米国は、南朝鮮軍を攻撃型の軍隊に転換させるためにおおよそ数百億ドル規模のステルス戦闘機と無人偵察機のような近代的な先端装備を大々的に投入しており、南朝鮮当局はこれに天文学的な資金を供している。

米行政府は、不当極まりなくて時代錯誤の行為で一貫した2年間を通じて、自分らが唱えてきた朝米間の「関係改善」はすなわち体制転覆であり、「安全保証」は徹底した核先制攻撃であり、「信頼構築」は変わらない対朝鮮孤立・圧殺を意味するということを隠すことなくさらけ出した。

諸般の事実は、長々70余年間続く米国の根深い対朝鮮敵視政策が根源的に終息しない限り、米国は今後もわが国家、わが体制、わが人民に対する長期的脅威に残っているということを再び明白に実証している。

現時点で、次のような疑問点が生じる。

わが最高指導部と米大統領との親交が維持されるからといって、実際に朝米関係が良くなったのは一つもないのに、シンガポールで握手した手を引き続き取っている必要があるかということである。

今まで、現行政府の行跡を振り返れば政治的治績積み以外の何物でもない。

われわれは二度と、何らの代価もなしに米執権者に治績宣伝の種という風呂敷包みをあげないであろう。

実践のない約束より偽善的なものはない。

わが最高指導部は、歴史的な党中央軍事委員会第7期第4回拡大会議で、現在の内外情勢に合致する国家核発展戦略を討議し、米国の長期的な核戦争脅威に対処するために国の核戦争抑止力をいっそう強化することについて厳かに宣明した。

ポンペオをはじめとする米国の政客らは折に触れ、米国の変わらない目標は朝鮮半島の非核化だと言いふらしている。

わが朝鮮の変わらない戦略的目標は、米国の長期的な軍事的脅威を管理するためのより確実な力を培うことである。

これが6・12二周年を迎えてわれわれが米国に送る返書である。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved