1211高地戦闘

1211高地戦闘は、祖国解放戦争第4段階の時、朝鮮人民軍が戦線東部の重要防御地点1211高地を守りぬいた闘いです。

1211高地の防衛者と人民は、膨大な兵力と戦闘技術機材を投入して日に3万~4万発の爆弾と砲弾を投じ、数十回もの攻撃を加える敵の「波状攻撃」を一歩も譲らず撃破して高地を死守し、敵の「夏季及び秋季攻勢」を粉砕しました。

この戦いで1211高地の防衛者たちは、敵兵2万9000余名を殺傷または捕虜にし、敵機40余機を撃墜し、戦車60余台をはじめおびただしい兵器と戦闘技術機材を鹵獲、破壊しました。

敵兵は1211高地の戦いでおぞけをふるい、この高地を見るだけでも気が滅入るとして「傷心嶺」と呼び、高地の下の谷間に入れば生きては帰れないとして、「陥穽谷」と名付けました。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved