人民の需要と評価

(1)

 

2015年11月26日、金正恩総書記は再び元山製靴工場を訪れた。

総書記は、いつだったか外国の訪問を終えて帰った金正日同志が、今度その国のあるデパートを見学したが履物の売り場に気を奪われ、そこから目を離せなかったと述懐されたことがある、その時自分は本当に胸が痛んだ、金正日同志がどれほど国の製靴工業を気にかけ、どうすれば人民によりよい履物を提供できようかと心を研き、遠く外国を訪問してまで履物の売り場から目を離せなかったのだろうかと思い、金正日同志の心労を和らげるためにはどうしたらよいかと、いろいろと考えざるを得なかったと言った。

そして、元山製靴工場の幹部や従業員は、人民の履物のことであれほど心労の絶えなかった金正日同志の念願をかなえるべく、国の製靴工業を振興させる上で先駆的役割を果たさなければならないと強調した。

総書記は射出作業班で、作業台に置かれてあった塩化ビニール弾性剤製の男子防寒靴用の靴底を手にとって40文というサイズの表記を見ながら、履物のサイズの表記はみなわれわれの仕方で行っているのかと聞いた。

サイズの表記はすべてわれわれの方式通り文数をもって行っているとの支配人の答えに、ヨーロッパではmmシステムが採用されているが、わが国では自分が以前強調したとおり文数で表記しているとして満足し、射出されて靴底に40の文数が記されているが、このようにサイズを文数で表記するのがわれわれの方式だ、われわれは全的に履物のサイズを文数で表記すべきだと語った。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved