われら幸せ歌う

(2)

2015年 11月、改築なった万景台学生少年宮殿を視察し、世界にまたとない立派な宮殿の各所を見て回った金正恩委員長は、学生少年宮殿の内部は実に素晴らしい、子どもたちがとても喜ぶだろうと重ね重ね満足を表した。そして、万景台学生少年宮殿の劇場は専門芸術団さえ羨望するほど立派につくられた、国の王様が利用する劇場は当然こうあるべきだとしてこの上なく喜んだ。

長時間をかけて宮殿を見て歩き、やがて外へ出た委員長は、万景台学生少年宮殿のサークル活動に必要なことは何でも話すべきだ、課外教育用の設備はすべて具備すべきである、万景台学生少年宮殿に必要な設備はいずれ後日になっても必ず備えることになる以上、今のうちにぐずぐずせず具備することだ、われわれは子どもたちのためなら何事であれ惜しんではならず、彼らの明るい笑いを守らなければならない、われわれがいまのような困難な時期に強く守り抜いた子どもたちの笑い声は、はるかな後の日に社会主義勝利の歌声となっていっそう高らかに鳴り響くであろう、自分はそのことを確信していると力強く語った。

子どもたちを国の王様とみなし最上最大の慈愛を注ぐ委員長の崇高な次世代観により、万景台学生少年宮殿では歌声『われら幸せ歌う』が一段と高らかに鳴り響くようになった。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved