白頭山密営の生家

両江道三池淵市白頭山密営の小白水渓谷には、金正日総書記の生家がある。

千古の原始林中にある生家は丸木造りの小屋で、ここには、パルチザンの子として生まれ、砲煙にくすみながら成長した総書記のただならぬ生い立ちを示す、つぎはぎの敷き布団、双眼鏡、朝鮮地図合わせ、座机、木製の拳銃などがある。

金日成主席は白頭山麓で抗日大戦を布告し、白頭山一帯を中心に15星霜の長きにわたって日本帝国主義と血戦を繰り広げ、その中で社会主義朝鮮の万代の礎である白頭の革命伝統をもたらした。

白頭の精気を内に秘めて生まれた金正日総書記の思想と性格、趣味、習慣は白頭山の気象を彷彿とさせ、その統帥者としての気質と胆力、豪胆さは、いかなる狂風にも微動だにせず毅然とそびえる白頭山の峰々そのままである。

朝鮮の青少年と軍民は、白頭山密営の生家をたえず訪れ、金日成主席と金正日総書記が生み輝かせた白頭の革命精神と伝統を永遠に継承していく信念と意志を固めている。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved