地下資源

朝鮮の地下資源は400余種に達し、世界の「鉱物標本室」と言われている。産業的意義のある有用鉱物は200余種にのぼり、鉄鉱、マンガン、クロム、チタンなどの鉄金属と銅、鉛、亜鉛、ニッケル、タングステン、モリブデン、金などの非鉄金属が多く埋蔵されている。なかでも鉄鉱の推定埋蔵量は数十億tに達しており、世界的に需要の高い希土類資源も豊富である。また、マグネサイト、石綿、黒鉛、石灰石、燐灰石、雲母、カオリン、花崗岩、大理石、珪砂などの非金属地下資源や無煙炭、褐炭、含油頁岩などの可燃性地下資源が多くの地域に無尽蔵に埋蔵されている。

朝鮮には地熱資源も多い。代表的産地は甕津、白川などで、鉱泉の水温は甕津地区で100℃強、白川地区で70℃程度である。

マグネサイト

マグネサイトは咸鏡南道端川、両江道の白岩と雲興、咸鏡北道金策地方に産し、世界屈指の埋蔵量と品質を誇っている。

端川地区には近代的なマグネサイト加工基地があり、品位の高い大量のマグネシアクリンカーをはじめ各種製品が生産されている。

近年マグネサイト加工品の国際的需要を満たすべく、端川に近代的な港が建設された。

黒鉛

は全国各地に大量に埋蔵されており、その量と品質は世界のトップを占めている。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved