水 文

 

朝鮮は国土面積に比べて河川の密度が高く、その数は数千に及んでいる。

大河川は、鴨緑江、豆満江、大同江、洛東江、漢江の5大江及び清川江、礼成江、錦江、蟾津江、栄山江を合わせた10大江である。

最長の鴨緑江(803㎞)は流域面積(6万4740㎢)も最大である。

湖水には100余の自然湖と1700余の人工湖(貯水池)がある。人工湖は灌漑用、水力発電用、大水調節用、工業及び都市給水用、水上運輸用、養殖用、風致造成用などとして利用されている。

人工湖で名高いのは、水力発電用の水豊湖、長津湖、泰川湖、灌漑用の銀波湖、瑞興湖、延豊湖、台城湖、白馬湖、大水調節用の金星湖などがある。

鉱泉がそこかしこにあり、温泉は咸鏡北道と黄海南道に多く、ミネラルウォーターの多い地域は平安北道と慈江道である。

白頭温泉、陽徳温泉、達泉温泉、鏡城温泉、温堡温泉それに江西薬水、玉流薬水、妙香山薬水、釈王寺薬水、耀徳薬水など名の知られた薬用鉱泉は百数十を数える。これらは、すべて炭酸水素塩を主成分としているが、温泉は炭酸水素ナトリウム、ミネラルウォーターは炭酸水素カルシウムを主成分としたものが多い。

温堡温泉

咸鏡北道鏡城郡温堡里にある温泉。500余年前に発見された水温57℃内外の温泉で、数十の沸き口から出る水量は日に数千tを数える。神経痛、神経炎、関節炎、高血圧、皮膚炎、慢性湿疹などの治療と予防に効用がある。

江西薬水

南浦市江西区域薬水里に産し、水温は7~15℃のミネラルウォーターである。慢性胃炎、慢性肝炎、慢性腎盂炎、慢性膀胱炎、口内病、慢性小大腸炎、胃及び十二指腸潰瘍などの治療に効能がある。ミネラルウォーター生産地の開発が進み、湧出量が高まって、平壌をはじめ全国各地に供給されている。

新徳涌水

南浦市温泉郡の新徳涌水は、世界に広く知られている。この水を常飲する当地方の人たちの中には100歳を超える長寿者が多い。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved