叢石亭

 

江原道通川郡にある海辺の名勝。

火山の作用を受け、また長い歳月雨雪に洗われ、1㎞ほどの区間に6角・8角の玄武岩の石柱が群がり立っていて叢石亭の名がある。その形態によって立叢、座叢、臥叢の3種に分かたれている。なかでも4本の石柱が集まってそそり立つ高さ数十mの立叢は、巨大な玉を縦に割って立てたような趣で、昔4人の神仙がその頂上で遊んだという伝説を残して四仙峰と呼ばれている。

叢石亭の日の出、青い海に高々と立ち壮観を呈する石柱、岩間に根を張って立つ青松、それに銀色の月光に染まる夜景は恍惚そのものである。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved