地 形

 

朝鮮には山地が多い。陸地の平均標高は442m、山地の総面積は17万6404㎢(全国土の78.7%)、平地は4万7848㎢(全国土の21.3%)である。地勢は概して北部と東部が高く、南部と西部に向かって低くなっている。

山脈は白頭山から南海岸の鳩在峰まで伸びる白頭大山脈を主脈とし、ここから多くの支脈が分かれ出て全体的に一つの山脈体系を構成している。白頭大山脈に属する白頭山脈に朝鮮の最高峰白頭山の将軍峰(標高2750m)がそびえている。

高原としては白頭高原、白茂高原、蓋馬高原などがあり、江界盆地、会寧盆地などの盆地も数多い。

龍門大窟、松岩洞窟のような名の知られた鍾乳洞も処々にある。

河川が多くて渓谷が発達し、傾斜地が多い。

平壌平野、龍川平野、ヨルトゥ三千里が原など平野のほとんどは朝鮮西海岸と朝鮮南海岸の大河の下流と海岸一帯に広がっている。

海岸線は長くて著しく湾曲している。

国土面積の割りに山地、高原、平野、盆地、渓谷、リアス海岸、カルスト地形、風成地形など類型を異にする地形が多い。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved