朝鮮労働党中央委第7期第16回政治局会議

 

 

朝鮮労働党中央委第7期第16回政治局会議

 

【平壌8月14日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会第7期第16回政治局会議が8月13日、党中央委員会の本部庁舎で行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、政治局会議に参加した。

政治局会議には、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員と党中央委員会政治局委員、委員候補が参加した。

また、党中央委員会の部長、第1副部長、副部長と内閣副総理、各相、各道党委員長、省、中央機関の党委員長、武力機関の指揮メンバー、中央非常防疫指揮部のメンバーが、オブザーバーとして出席した。

党中央委員会政治局の委任によって、朝鮮労働党の金正恩委員長が会議を司会した。

政治局会議では、全力を集中して水害を早く克服し、人民に安定した生活を保障することに関する問題と世界的な保健危機状況の要求に即して国家非常防疫システムをいっそう厳格に維持し、整然とした防疫活動指揮システムを完備することに関する問題、開城市など前線地域の封鎖を解除することに関する問題、党中央委員会に新設部署を設けることに関する問題を討議、決定し、党創立75周年を盛大に記念するための国家行事準備状況を点検して当該の対策を研究、協議した。

会議では、最近の災害性豪雨と大水によって発生した被害状況に関する資料通報があった。

雨期の間、江原道、黄海北道、黄海南道、開城市をはじめ、全国的に農作物の被害面積は3万9296ヘクタールであり、家屋1万6680余世帯と公共施設630余棟が破壊されたり、浸水し、多くの道路と橋梁、鉄道が断ち切られ、発電所のダムが崩壊するなど、人民経済の複数の部門で深刻な被害を受けた。

特に、江原道の金化郡、鉄原郡、淮陽郡、昌道郡と黄海北道の銀波郡、長豊郡をはじめ、被害状況が深刻な地域の住民が疎開地で生活しながら、大きな生活上の苦痛をなめていることについて指摘した。

金正恩委員長は、被害状況を集計した資料を通報しながら、家と家産を失って臨時居住地で生活している水害罹災民の状態と苦痛が形容しがたいであろうと述べ、現在のような時に他の誰でもなく朝鮮労働党が彼らに対して全的に責任を持たなければならないし、人民がなめる苦労を共にし、それをいやすために彼らのそばにもっと近寄らなければならないと切々と述べた。

金正恩委員長は、今、わが国家は世界保健危機状況に徹底的に備えるための防疫戦を力強く繰り広げるとともに、予想外に押し寄せた自然災害という二つの挑戦と戦わなければならない難関に直面していると述べ、党と政府はこの二つの危機を同時に克服するための正しい政策方向を提示し、立体的かつ攻勢的な闘いで洗練された指導力を発揮すべきであると述べた。

金正恩委員長は、国家的な非常防疫活動が長期化していろいろな面で困難と難関が多いとしても、必要な全ての措置を迅速(じんそく)に策定、展開すべきだと述べ、各級党組織と政権機関が自分の役割を正しくすることについて強調した。

金正恩委員長は、水害罹災民が屋外生活をしている状態で党創立75周年を迎えるようにすることはできないと述べ、水害を一日も早く克服して人民の生活を安定させるための部門別課題と方途的問題について具体的に提示した。

金正恩委員長は、水害復旧を単に自然被害を克服する建設工事や生活の復元にのみ帰着させず、党創立75周年を真の人民の祝日、一心団結を固める革命的祝日に輝かすための重要な政治的活動になるように志向させるべきだと強調した。

金正恩委員長は、今回の機会に被災地を人民の要求と志向、発展した時代の水準に合わせて一新させ、今後、自然災害や大水が再び発生するとしても被害を受けないように、当該地域の住民の意見を聞いて適切な位置に質的に建設しなければならないということについて強調した。

金正恩委員長は、世界的な悪性ウイルスの拡大状況が悪化している現実は、水害に関連するいかなる外部的支援も許さず、国境をいっそう鉄桶のごとく閉じて防疫活動を厳格に行うことを求めていると述べ、被災地の住民と被害復旧に動員される人々の間で防疫規定に違反する傾向が絶対に現れないように教育活動をよく行わなければならないと述べた。

金正恩委員長は、被害復旧を力強く推し進めて人民がなめる不幸と苦痛をいつも共にし、それを払拭させ、守ってやるわが党の革命的本態とわが制度の優越性を現実で再び実証すべきだと述べ、人民に対して恥ずかしくないようにわが党が自分の聖なる義務を尽くして人民の信頼と期待に必ず報いるべきだと重ねてアピールした。

金正恩委員長は、党の指導に忠実な軍民の大団結と協同作戦によって10月10日まで水害復旧を基本的に終えて住民を安定させるための当面の闘争課題を反映して、党中央委員会政治局の決定書と党中央委員会、党中央軍事委員会、国務委員会の共同命令書を示達することを提議した。

党中央委員会政治局は、金正恩委員長の熱烈なアピールに全会一致で賛同を表した。

政治局会議では次に、非常防疫戦が長期化することに合わせて国家的な整然とした防疫活動システムを立てるための機構的問題で合意し、新たに創設された機構が自分に付与された権能を正しく行使して責任感と役割を強めることに関する問題が指摘された。

政治局会議ではまた、最前線地域で発生した非常事件によって去る7月24日から実施されていた開城市をはじめとする前線地域の封鎖を専門防疫機関の科学的な検証と保証に従って解除することを決定した。

金正恩委員長は、この20余日間、前線地域の封鎖以降、依然として防疫形勢が安定的に維持、管理されたということが実証されたと述べ、隔離状態で生活上の不便を耐え抜き、朝鮮労働党と政府の措置に一心で従ってくれた封鎖地域の人民と、豪雨と蒸し暑さの中で地域封鎖任務を責任をもって遂行した軍人と安全員、保衛員、労農赤衛軍の隊員に党中央の名義で感謝を贈ると述べた。

政治局会議では次に、党中央委員会第7期第5回総会の決定に従って党創立75周年を盛大に記念するための国家行事準備活動の進捗(しんちょく)状況に関する報告を聴取し、行事別に提起される問題を点検したし、全ての祝賀行事を最上の水準で特色あるものに準備して党創立75周年に立派な贈り物として出すことのできる大政治祭典になるようにするための当該の対策を講じた。

政治局会議では続けて、党中央委員会に新設部署を設けることに関する問題を審議、決定し、その職能と役割を提示した。

党中央委員会政治局は、新たに設ける部署が国家と人民の尊厳と利益を守り、社会の政治的安定と秩序を頼もしく維持、保証し、われわれの階級的基盤、社会主義建設を鉄桶のごとく守っていくことに大きく寄与することになるとの確信を表明した。

政治局会議ではまた、組織問題が取り扱われた。

党中央委員会政治局常務委員会の委員を選挙した。

金徳訓、李炳哲の両氏を党中央委員会政治局常務委員会委員に選挙した。

党中央委員会政治局委員、委員候補を召還および補欠選挙した。

朴太徳氏を党中央委員会委員、政治局委員に補欠選挙した。

朴明順、全光虎の両氏を党中央委員会政治局委員候補に補欠選挙した。

党中央委員会政治局の提議によって、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の委員長は社会主義憲法が付与した権限に従って朝鮮民主主義人民共和国内閣総理を解任および任命した。

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の委員長は、金徳訓氏を朝鮮民主主義人民共和国内閣総理に任命した。

会議では、党中央委員会の副委員長を選挙した。

金才龍、朴太徳の両氏を党中央委員会副委員長に選挙した。

党中央委員会の一部の部署の部長を解任および任命した。

金才龍、朴太徳、朴明順、全光虎、キム・ヨンスの各氏を党中央委員会の部長に任命した。

道党委員長を任命した。

キム・チョルサム氏を咸鏡北道党委員長に、リ・ジェナム氏を南浦市党委員長に任命した。


홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved