第6回全国老兵大会が盛大に行われる 金正恩党委員長が祝賀演説

 

第6回全国老兵大会が7月27日、平壌の4・25文化会館で盛大に行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が大会に参加した。

大会には、領袖に対する限りない忠実性を身につけて祖国防衛聖戦で無比の勇敢さと犠牲的精神を発揮した参戦老兵と戦時功労者が参加した。

各道党委員長と省、中央機関、武力機関の活動家、革命学院の教職員、生徒、平壌市内の青年学生が大会に参加した。

歓迎曲が響く中、最高指導者金正恩委員長が参戦老兵と共に大会のひな壇に姿を現した。

全ての参加者は、チュチェ朝鮮の強大さと尊厳、百戦百勝の象徴である最高指導者金正恩委員長に対する烈火のような敬慕と信頼の念を込めて嵐のような「万歳!」の歓呼の声を上げた。

金正恩委員長は、わが共和国の戦勝史に不滅の貢献をした真の愛国者である参戦老兵に温かく答礼した。

党と政府の幹部、武力機関の責任活動家として長期間、活動した崔永林、楊亨燮、太宗秀、李明秀、李勇武、呉克烈、金時学の各氏をはじめ参戦老兵がひな壇の席についた。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会第1副委員長である最高人民会議常任委員会の崔龍海委員長と朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の朴奉珠副委員長がひな壇に登壇した。

党と政府の幹部である李炳哲、李日煥、崔輝、崔富一、李萬建、呉秀容、趙甬元、金與正、金栄歓、朴正男、李煕用、キム・ジョンホの各氏と勤労者団体の活動家がひな壇の席についた。

朴正天、金正官の両氏をはじめ武力機関の責任活動家も共に席についた。

大会では、朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が意義深い祝賀演説を行った。

金正恩委員長は、祖国解放戦争勝利67周年に際して第6回全国老兵大会に参加した参戦老兵と全ての祖国解放戦争の参戦者、戦時功労者に熱烈な祝賀の挨拶を送った。

また、祖国の統一独立と人民の自由と幸福のための聖戦に高貴な生をささげた有名無名の革命烈士とわが人民の革命戦争を血潮を流して援助して戦闘的友誼の真の模範を示した中国人民志願軍の烈士と老兵にも崇高な敬意を表した。

金正恩委員長は、金日成主席の指導に忠実に従って苛烈な祖国解放戦争で不滅の偉勲を立てて高貴な闘争精神を創造した戦勝世代の英雄的生を誉れ高く評価し、参戦老兵が新世代に1950年代の時代精神を信念の血筋としてしっかりつながせるという大いなる信頼を表した。

偉大な祖国解放戦争参戦者に対する誉れ高い評価と尊敬、崇高な同志的愛と高潔な革命的信義が溢れる金正恩委員長の祝賀演説は、大会参加者の心を激しく揺さぶった。

金正恩委員長が演説を終えると、またもや嵐のような「万歳!」の歓呼の声が場内を震撼させた。

全ての参加者は、参戦老兵を偉大な歴史を創造した貴重な師に、自主強国の基盤を築いた主人公に誉れ高く推し立ててあらゆる恩情を全て施してくれる金正恩委員長に最大の栄光と最も温かい感謝を謹んでささげた。

大会では、祖国解放戦争勝利記念館講師である共和国英雄キム・スンウン氏が新世代に頼む討論を行った。

同氏は、戦火の日々、解放の恩人であり、新しい朝鮮の英明な領袖である金日成主席はすなわち祖国であったし、わが人民と人民軍勇士の信念の柱であったと述べ、十回、百回倒れても主席が与えてくれた土地、ありがたいわが国を絶対に奪われてはならないという不屈の信念と千万べん死すとも敵を討とうというただ一つの考えで胸を燃やして戦って偉大な勝利の7・27をもたらしたことについて強調した。

また、わが老兵は子孫に祖国防衛精神を遺産として譲り渡すことになったのを誇らしく思うと述べ、鋼鉄の総帥である金正恩委員長が居てわれわれは必ず勝つという絶対的な確信を表明した。

そして、金正恩委員長をより高く仰ぎ慕い、1950年代の祖国防衛精神、革命防衛精神を信念として刻み付けていかなる風波が迫ってきてもわが党だけを信じ、支持し、従っていくことを新世代に頼み、そうすればわが国は必ず勝つと強調した。

続いて、青年を代表して金日成総合大学の学生チョ・チュンヒョク氏、人民軍軍人を代表して朝鮮人民軍の軍官チ・ヨンミン氏が決意討論をした。

両討論者は、第6回全国老兵大会に参加した老兵に全国の全ての青年前衛と人民軍軍人の心を合わせて熱烈な祝賀と戦闘的敬礼を送った。

また、帝国主義者の強盗さながらの侵略から祖国の尊厳と自主権を誉れ高く守り抜き、不屈の祖国防衛精神を貴重な遺産として譲り渡した老兵が自分らの心の中に真の軍人のモデルとしてはっきり刻まれていることについて述べた。

そして、偉大な戦勝時代の精神と魂をそのまま継承して党と革命、祖国のために一命をよろこんでささげる青年英雄になり、いかなる天地風波の中でもわが党だけを信じて従う心はひたすら変わらないと強調した。

両討論者は、領袖決死擁護に連綿とつながる戦勝の歴史があり、社会主義勝利もあるということを心に深く刻み付け、偉大な金正恩同志を首班とする党中央委員会を決死の覚悟で防衛し、党の政策を先頭に立って貫徹していく固い決意を固めた。

金正恩委員長は、祖国の歴史に末永く輝く不滅の偉勲を立てた全国の全ての参戦老兵に再び熱烈な祝賀を送り、温かいあいさつを送った。

第6回全国老兵大会は、金日成主席と金正日総書記の指導の下に創造され、連綿と継がれてきた勝利の誇らしい歴史と伝統を最高指導者金正恩委員長の指導に従って代を継いで輝かし、社会主義強国建設偉業を最後まで完成していくというわが人民と人民軍将兵の揺るぎない信念と意志を力強く誇示した。

 


홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved