朝鮮労働党中央委政治局非常拡大会議を緊急招集 国家非常防疫システムの最大非常体制への移行に関する決定を採択

 

世界的な大災難として人類を脅かしている伝染病の流入を徹底的に遮断するための防疫戦が強力に展開されている時期に、開城市で悪性ウイルスに感染されたと疑われる越南逃走者が3年ぶりに不法に分界線を越えて去る7月19日、帰郷する非常事件が発生した。

専門防疫機関では、不法帰郷者の上気道分泌物と血液に対する数回の当該検査を行って悪性ウイルス感染者と疑われる釈然としない結果が出たことで、一次的に彼を徹底的に隔離させ、去る5日間開城市で彼と接触した全ての対象と開城市経由者を当該部門との連携の下で徹底的に調査、掌握し、検診、隔離措置を取っていると明らかにした。

朝鮮労働党中央委員会政治局は、開城市に致命的で破壊的な災難を招きかねない危険が生じたことを受けて7月25日、党中央委員会本部庁舎で非常拡大会議を緊急招集した。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者金正恩同志が、会議に参加した。

会議には、朝鮮労働党中央委員会政治局委員、委員候補が参加した。

オブザーバーとして、中央非常防疫指揮部のメンバーが参加した。

内閣、省、中央機関の党、行政責任活動家と各道党委員会執行委員、道級指導的機関の責任活動家が画像会議室でオブザーバーとして参加した。

党中央委員会政治局の委任によって、金正恩党委員長が会議を運営、執行した。

金正恩委員長は、去る6カ月間、全国的に各方面での強力な防御的防疫対策を講じ、全てのルートを閉鎖したことにもかかわらず、わが境内に悪性ウイルスが流入したと見られる危険な事態が発生したことについて指摘し、これに関する報告があった直後である24日午後中に開城市を完全封鎖し、区域別、地域別に閉鎖させる先制的な対策を取ったことについて述べた。

金正恩委員長は、現在の事態に対処して当該地域に非常事態を宣布し、国家非常防疫システムを最大非常体制に移行させ、特級警報を発令することに関する党中央の決心を宣明した。

金正恩委員長は、党および勤労者団体組織、政権機関、社会安全、保衛機関、防疫および保健医療機関が差し当たり遂行すべき部門別課題を提起した。

会議では、国家非常防疫システムを最大非常体制に移行させることに関する党中央委員会政治局の決定書が全員一致で採択された。

金正恩委員長は、全ての会議参加者が自分の部門、自分の単位で党中央委員会政治局の決定を貫徹するための手配を即時に伴わせ、各級党組織と各部門が党中央の指示と手配に無限の責任性と忠実性と献身性を持って最も正確な執行を保障し、裏付けることについて指示した。

金正恩委員長は、全党と全社会的に強い組織的規律と、行動と思考の一致性を徹底的に保障し、非常防疫指揮部の指揮に一糸乱れず絶対服従して動く秩序を保ち、各級党組織がその機能と役割を完璧に発揮することについて強調した。

金正恩委員長は、みんなが非常事態に直面した現実を重大に受け止めるべきだと述べ、思考と行動の中心を失わず、責任性と献身性を持って党中央の指導に忠実で徹底し、党中央の周りにより固く団結して遭遇した防疫危機を打開することで、必ずわが人民の安泰と祖国の安全を死守しようとアピールした。

会議では、越南逃走事件が発生した当該地域の最前線部隊の手薄な前線警戒勤務実態を厳しく指摘し、党中央軍事委員会が事件の発生に責任のある部隊に対する集中調査結果の報告を受けて厳しい処罰を適用し、当該の対策を講じることについて討議した。

 


홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved