「労働新聞」 思想活動を改善、強化するのは朝鮮革命発展の必須の要求

 

 

「労働新聞」 思想活動を改善、強化するのは朝鮮革命発展の必須の要求

 

【平壌11月24日発朝鮮中央通信】24日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、全人民が社会主義建設の新しい発展を立証する貴重な成果を多発的に、連発的に創造していくようにするには思想活動をより改善、強化しなければならないと明らかにした。

同紙は、思想活動を全ての活動に確固と優先させて絶えず改善、強化してこそ、革命が生気と活力に満ちて上昇一路をたどるようになるとし、次のように指摘した。

思想活動を改善、強化するのは、社会の全ての構成員を党の革命思想を信念化、体質化した真の忠臣に準備させるための根本の要求である。

現在、思想活動の中核的な問題、最優先課題は、全党と全社会を党中央の革命思想で一色化することである。

思想活動を改善、強化するのは、全人民の愛国の力を最大限発揮させて新たな5カ年計画を成功裏に遂行するための切実な要求である。

大衆の愛国熱意をより高調させて党の構想と決心を現実化するための闘いの成果いかんは、思想活動をいかに行うかに重要にかかっている。

朝鮮革命の新しい高揚期、激変期は、思想の牽引(けんいん)力と爆発力によってのみもたらすことができる。

斬新な思想活動によって人民大衆の愛国意志はより強くなり、繁栄する強国の活路を開くための闘いが活気づいて進捗(しんちょく)することになる。

思想活動を改善、強化するのは、全社会に社会主義生活様式と道徳紀綱を確立するための重要な要求である。

全ての党および勤労者団体組織と活動家は、斬新で迫力ある思想活動によって革命の勝利的前進とわが国家の洋々たる未来を確固と裏付けていくべきであろう。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2021 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved