百戦百勝の総帥を戴いたがゆえに

 

 

百戦百勝の総帥を戴いたがゆえに

 

偉大な総帥を戴いたがゆえに、朝鮮の革命武力は百戦百勝している。

金日成同志は革命武力を創建し、無敵強兵に強化、発展させた。

日本帝国主義に奪われた国を取り戻すという大志を抱き、革命の道を踏み出した金日成同志は、チュチェ21(1932)年4月25日、朝鮮人民革命軍を創建し武装闘争を展開した。金日成同志の指導の下に朝鮮人民革命軍は、国家の後方も、正規軍の支援もない厳しい条件の下で日帝との決戦を繰り広げて祖国解放(1945・8)の歴史的偉業を成就した。

解放後、正規の革命武力として強化、発展した朝鮮人民軍(1948・2・8創建)は、帝国主義連合勢力の武力侵攻から祖国と民族の運命を守るための祖国解放戦争(1950年~1953年)で輝かしい勝利を収めた。祖国防衛、革命防衛、人民防衛の使命に忠実な朝鮮人民軍は戦後、自衛の軍事路線と一当百の旗印を高く掲げて敵の冒険的な挑発策動を粉砕し、革命の獲得物を固守した。

金正日同志は軍力強化を国事中の国事とし、革命武力を不敗の隊伍として一段と強化、発展させた。

革命武力に対する金正日同志の指導は、チュチェ49(1960)年8月25日、朝鮮人民軍近衛ソウル柳京守第105戦車師団に対する現地視察から始まった。

金正日同志は、20世紀の末葉帝国主義者の孤立・圧殺策動と相次ぐ自然災害によって国が困苦欠乏に耐えていた時期には、先軍政治を社会主義基本政治方式として定立し、人民軍部隊に対する絶え間ない戦線視察の道を歩み続け、人民軍将兵を政治的・思想的に、軍事技術的にしっかりと鍛え上げた。国防を基本とする国家機構体系が樹立され、国防工業の優先的発展によって人民軍は、攻撃手段と防御手段を備えた最精鋭革命強兵、祖国防衛だけでなく社会主義建設の各主要部門で突破口を開く中核部隊としての気概を轟かすことができた。

敬愛する金正恩同志を革命武力の最高首位に高く戴いたがゆえに、朝鮮人民軍の威容はさらにあまねく誇示されている。

金正恩同志は、全軍金日成金正日主義化の旗印を掲げて人民軍を政治・思想強兵、道徳強兵、軍事技術強兵に鍛え上げるという戦略的路線を示した。人民軍の戦闘準備完成のために、名射手、名砲手運動の炎を燃え上がらせ、人民軍部隊の実働訓練と訓練競技を現地で指導し、人民軍を最強の軍事力を保有した強兵に鍛え上げるために献身の労苦を重ねた。金正恩同志の指導によって人民軍は、朝鮮労働党の偉業を武力でしっかりと保証し、主体的な軍事戦略・戦術と戦法を体得し、大胆無敵な攻撃方式と実戦能力を所有した一当百の強兵、軍事的威嚇だけでなく突発的な非軍事的威嚇から祖国と人民を鉄壁のごとく防衛する国家防衛の主体、真の人民の軍隊としての必勝の気概を力強く轟かしている。

朝鮮労働党創立75周年慶祝閲兵式(2020・10・10)と朝鮮労働党第8回大会記念閲兵式(2021・1・14)は、自衛的国防力の強力な実体と無敵の銃剣によって祖国と人民を守り、朝鮮半島と地域の平和と安全を頼もしく守っていく朝鮮人民軍の強大な威力の一大誇示であった。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2022 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved