朝鮮の家庭での伝統的なキムチ漬け風習

 

この頃、朝鮮の家庭でキムチ漬けがたけなわである。

わが先祖は、野菜を秋に多く貯蔵して冬季はもちろん、晩春まで長期間食べられる最適の方法を創案したが、それがまさにキムチ漬けである。

この時期に、キムチを漬けておけばその年の11月から翌年の3月まで5カ月分の野菜を貯蔵すること同様であるので、これを一年中の半年糧食とまで言われてきた。

キムチの生産が工業的方法で行われているこんにちも、伝統的なキムチ漬け風習は朝鮮の家庭で連綿とつながっている。

家庭ごとに秋季に漬けるキムチの品種がそれぞれ異なる。

先日、記者が取材した平壌市万景台区域在住のキム・ホスクさんは、私の家では毎年結球白菜キムチ、トンチミ(大根漬け)をはじめとする6種のキムチを漬けて食べている、今年もキムチの味を最高に生かしてみるつもりであると述べた。

どこでもキムチを漬ける方法が話の種となり、主婦だけでなく家族全員がキムチをよく漬けることに知恵を合わせている。

親戚と近所の人々、そして職場の人々が各家庭の至誠がこもった調味料とキムチの味を通じて家庭主婦の料理の手並みをうかがい、互いに和睦をもっと厚くするのも、この季節の異彩を放つ生活断面である。

朝鮮民族の独特なキムチ漬け風習は、チュチェ104(2015)年に世界無形文化財に登録された。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved