朝鮮は思想的一色化を実現した一心団結の国

 

13日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、朝鮮の発展行路は偉大なチュチェ思想を国家政治哲学に確立して国家の建設と活動の全般に具現してきた歴史であり、それが全人民の思想・意志、人生観に転換されてきた過程であると指摘した。

同紙は、朝鮮がそれほど尊厳あって強いのは全党と全社会が一つの思想と志で団結しているからであるとし、次のように明らかにした。

思想的一色化が実現したわが国家の真の姿は、全人民が指導者の思想と路線を一心同体となって忠実に支えているところではっきりと誇示されている。

最高指導者金正恩党委員長の政治理念、政治方式は人民大衆第一主義であり、これは万人の心をとらえている。

指導者の思想と路線を絶対的な真理、生の要求として受け入れて決死の覚悟で貫徹するのが朝鮮人民の革命的風貌(ふうぼう)である。

思想的一色化が実現したわが国家の真の姿は、全人民が社会主義を信念として刻みつけ、その優越性をあまねく発揚させるための活動にこぞって立ち上がっているところでもはっきりと表れている。

朝鮮式社会主義の威力は、全人民が社会主義は科学であり、その勝利も科学であるということを信念化し、自分の制度をしっかり守り、輝かすためなら生命までもためらうことなくささげる烈火のような献身にある。

社会主義は、朝鮮人民の生命、生活である。

わが朝鮮は、今後も一心団結の威力で勝利と栄光の誇らしい歴史を記していくであろう。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved