黒鳥の飼養管理を工業化するために努力する

 

 

黒鳥の飼養管理を工業化するために努力する

 

咸鏡南道定平郡にある広浦アヒル工場で、黒鳥を工業的な方法で飼育するための科学研究に力を入れて成果を収めている。

雁鴨科の白鳥属に属する黒鳥は、肉の味が独特で栄養価が非常に高いため、21世紀有数の健康食品、理想的な抗癌食品として公認されている。

農業省家禽研究院のウォン・ヨン室長はこう語っている。

「黒鳥の肉には、蛋白質が20.9%、脂肪が11.6%、無機塩が1.2%くらい含まれており、レシチン、核酸、セレン、カリウム、鉄、亜鉛、ナトリウム、ビタミンAなどが調和よく含有されている。肉の蛋白質含量はアヒルの肉に似ており、100グラム当たりのリン含量は196.5ミリグラムとして鶏肉に比べて74.5ミリグラム、アヒルの肉に比べて6.5ミリグラムも多い。他の肉より脂肪の融点が10℃くらい低いので消化吸収にもよい。特に、他の肉にはごく小量で、または含まれていない免疫グロブリンやリノール酸、抗癌物質が多く含まれている」

朝鮮で黒鳥の飼育に有利な地域は広浦である。

潟である大自然湖の広浦は、面積4.75㎢、周囲19.2kmである。また、水生動植物と魚類、甲殻類の資源に恵まれている。

湖畔の周辺は松林に囲まれており、海洋性気候の影響を受けている。

工場では、家禽研究院の科学者とともに黒鳥の生物学的および繁殖特性に合わせて飼養管理技術と方法を完成させている。

その過程に、工場に搬入された黒鳥を産卵させ、種子・ふ化工程で成果を収めた。

彼らは黒鳥の生物学的特性を研究する一方、その飼養工程を工業化し飼養管理技術を解決するために努力している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved