一生人民と共にいた金日成主席

 

「人民の中へ!」、これは以民為天の座右の銘を実践に具現するための金日成主席の革命方式を総称する格言であり、主席の全生涯を貫く貴い政治信条である。

主席は、早くも人民の中に入ることから革命活動を始め、一生人民を訪ねる列車に乗って現地指導の道を歩み続けた。

人民の中には哲学もあり、経済学もあり、文学もあり、全てがある、いくら難しくて複雑な課題が提起されても人民大衆の底知れない創造的力と知恵を正しく奮い起こせば全ての問題を成功裏に解決していくことができると教えた。

主席は、いつも人民と苦楽を共にし、人民の要求と利益を絶対的基準にして路線と政策を立てた。

解放直後、複数の農村へ出向いて農民と話を交わす過程に土地に対する彼らの宿望を察した主席は、土地没収の対象と没収および分配の方法などを確定し、それに基づいて歴史的な土地改革法令を発布した。

戦後の困難な時期、人民と国の重大事も共に相談し、彼らを革命的大高揚へ奮い立たせて社会主義建設の新しい歴史を開いた方がわれらの主席である。

主席は、自立的民族経済建設の路線と社会主義経済建設の基本路線、優れた大衆指導思想、大衆指導方法である青山里(チョンサンリ)精神、青山里方法も書斎ではなく工場、企業と農漁村を訪れて生産者大衆の中で練って創造した。

ひたすら、人民の幸福のために主席は解放後から生涯の最後の時期まで2万600余りの単位を現地で指導しながら、57万8000余キロの道程に献身の足跡を刻んだ。

それゆえ、こんにちも朝鮮人民は歳月が流れるほど募る主席への慕情を込めて「あぜ道を歩くとき」「われらの主席」のような頌歌を潤んだ声で歌っている。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved