朝鮮初の革命的武装組織

 

 

朝鮮初の革命的武装組織

 

1905年、朝鮮を軍事的に占領した日本帝国主義は、植民地的暴圧政治を実施しながら朝鮮人民の初歩的な生存権さえも無残に踏みにじった。全国各地では国権回復をはかるための義兵闘争と独立軍運動、労働者・農民の暴動、青年・学生の反日闘争が絶え間なく展開された。しかし、それらすべては正しい戦略・戦術のない分散的な活動であったため失敗を免れなかった。

塗炭の苦しみに陥った国と民族の運命を救うためには、武装した敵には武装をもって立ち向かう新しい軍隊を創建しなければならなかった。

主席は、卡倫会議(1930・6・30~7・2)で武装闘争路線を打ち出し、その準備を急いだ。

武装闘争を繰り広げるうえで参考にすべき軍事教範や経験もなく、武器も足りなかった当時の条件を踏まえた主席は、過渡的な政治および半軍事組織を結成しようと決心した。

1930年7月6日、孤楡樹の三光学校では朝鮮革命軍結成式が行われた。

結成式で主席は、「朝鮮革命軍の使命と基本任務について」と題する演説を行った。

朝鮮革命軍の使命と基本任務は、積極的な政治・軍事活動によって武装闘争の中核を育成して武装闘争に必要な武器を確保し、軍事的な経験を積んで広範な人民大衆を固く結集させて組織的な抗日武装闘争のための準備を十分に整えることであった。

朝鮮革命軍は数個の隊に編制された。各隊員には「朝鮮革命軍 」という印がつけられた赤帯と兵器が授与された。

各地方と国内の各所に派遣された武装グループは活動拠点を設け、学校と夜学運営、演芸隊活動など様々な方式と方法で広範な大衆を啓蒙し、覚醒させて武装闘争の大衆的基盤を構築した。また、小規模の戦闘を行って少なからぬ武器を解決し、武装闘争の軍事的経験を積んだ。

朝鮮革命軍の隊員たちは1932年4月25日に創建された反日人民遊撃隊の中核となった。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved