生産成長の秘訣

 

 

生産成長の秘訣

 

平壌人絹糸製造工場では近年、生産工程の近代化と原料、資材の再資源化を実現するための活動に力を入れている。

同工場では、乾燥工程と紡糸工程のコンピューター化とコンピューターによる輸送・乾燥工程のPLC制御システムの確立など各生産工程を近代化している。また、先進技術にたいする研究を深めて屑糸洗浄器の運転・操作と乳濁液生産工程のオートメ化を実現させた。

それだけでなく、同工場の活動家は技術改造を生産者大衆自身の活動にすることによって、従業員の中で現実性のある技術革新案が考案され、工場の近代化も急ピッチで進められている。

この過程に工場では、従来に比べて屑糸の量を著しく減少させただけでなく、各生産工程の故障要素も自動的に、そのつど正確に見つけて取り除くことができる技術革新案を導入し、設備の管理と原料の消費で少なからぬ資金を節約した。

同工場の技術陣が新しく研究、開発した電子秤による生産量計量システムも、生産量をリアルタイムで正しく統計することにより、製品生産量統計において労力と時間を省くことができるようにした。

そして、原料、資材の再資源化を実現するための活動においても前進を遂げている。

同工場では、固相重縮合反応による繊維級ポリエチレンテレフタラート(PET)生産工程を設けてテトロン人絹糸生産工程で排出される多くの屑糸を再生利用できる土台を構築した。

従業員は心押型枝管再生機を研究、製作してテトロン人絹糸の生産において、切実に必要な枝管も自力で生産、供給している。

キム・ジョンソン支配人はこう語っている。

「工場の技術者や従業員は人絹糸の質は即ち、学生に贈る制服とカバンの質であると言っています。だから、誰も些細な技術上の問題であってもおろそかにしません。まさにこれが、われわれが収めた成果の秘訣だと思います」

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved