「本当に朝鮮の生徒なのか」

「本当に朝鮮の生徒なのか」

 

 

「舞台で弁論する生徒が本当に朝鮮の生徒なのか」「本当に感嘆すべき実力だ」「発音が正しく、文章の組み立てもきちんとしているばかりでなく踊りも上手で朗らかである」

この言葉は、昨年の10月から11月にかけて15日間行われた第12回世界中学生中国語コンテストに参加した朝鮮のリ・ユジンさんについてインターネット網に掲載された30余万の文の中の一部である。

中国の河南省鄭州市で行われた、同コンテストは世界100余の国と地域で選抜されてきた実力ある生徒たちが参加したことで、予選から熾烈を極めた。

平壌外国語大学平壌外国語学院のリ・ユジンさんはコンテストに初めて参加したが、4段階にわたって難しい問題に完璧な答えを与えアジア地域で優勝し決勝戦に出場した。

決勝戦に臨んだ彼は、現代中国の発展ぶりと生活方法などを巧みに弁論し、コンテスト参加者のうち、たった一人秧歌舞を踊ってコンテスト審査員と観客を大いに感動させた。

彼はこのコンテストで最優秀人気賞を受賞した。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved