2019年-2030年国家環境保護戦略

2019年-2030年国家環境保護戦略

 

朝鮮で2019年―2030年国家環境保護戦略を立て、それを実現する活動が展開されている。

国土環境保護省のキム・グァンジン処長の話によると、2019-2030年までの国家環境保護戦略は発展する現実に即して国の環境保護事業を決定的に改善するための方向と方途を科学的に示すことに中心を置いて作成された。

同戦略の総体的目標は環境汚染を防止し、国の全般的生態環境を回復段階に引き上げ、グリーン経済へと移行できる物質的・技術的土台を構築することである。

多様な自然エネルギーによる電力生産量と産業廃棄物の再資源化率、生活汚物の総合的利用率、都市緑化率を高め、各種の自然保護区面積を増やす一方、2030年まで自力で温室ガス放出量を16.4%縮減し、気候変動に関するパリー協定によって国際的協力が推進されるに伴って36%さらに減らすことを計画している。

そして、環境科学技術の発展、国家環境管理の改善、環境保護事業を全人民挙げての事業として展開することなどを戦略目標実現の方途として打ち出した。

戦略目標を実現する第一段階の事業として、昨年に続いて今年に環境汚染の拡大を防止し、主要都市と水域の大気・水環境監視体系と地域別、部門別、単位別汚染物質排出を掌握する体系を確立する事業が推進されている。

各工場、企業にガス・集塵施設、廃水浄化場など汚染物質浄化施設を100%備え、改築・新築対象は汚染物質発生量を極力減らすことができるよう近代化している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved