朝鮮における生命権の保障

朝鮮における生命権の保障

生命権を保障することは人権の保障において第一義的な問題の一つである。

朝鮮では人間の生命権を保障することを最優先視し、人間の生命を侵害する行為は絶対に許さず、彼らの生命保護に深い関心を払っている。

憲法、刑事関係法に基づいて他人の肉体的生命を不法に奪った場合には殺人犯罪と見なし、それに対し重大な刑事的責任を負わせている。これとともに、人体をなす各部位に対する徹底した不可侵権も法的に保障している。

この他にも、検察裁判関連法、人民保安関連法、労働関連法、保健医療関連法,環境保護関連係法など数々の法や規定が生命権の保障を法的に保証している。

人間の生命権の保障に関連して朝鮮では、特に伝染病による被害を防ぐために莫大な国家資金をつぎ込んで予防薬を開発、生産しており、自然災害による被害を最小化するための積極的な措置をとっている。

2019年9月、「台風13号」が朝鮮半島の各地域を襲った時にも、朝鮮では国家的な非常拡大会議が緊急招集され、自然災害から招かれる深刻な後遺症を最小化し、人民の生命財産と安全をしっかりと守るという問題が重要な議題として討議された。こうして、山と渓谷、河川、低地帯、浸水危険区域、山崩れの恐れがある区域、地下空間、崩壊の恐れがある建物にいるすべての人を探して安全な所へ退避させ、被害を最小化し人間の生命権をしっかり保証した。

朝鮮では環境保全関連法の要求に準じて公民に文化的・衛生的な環境と労働条件を提供し、すべての人の生命権が十分に保証されている。

アン・スンジン

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved