金剛山の景色に魅了されたクァン・ホザ

金剛山の景色に魅了されたクァン・ホザ

「金剛山全景図」を描いたクァン・ホザ(記録された名前はなく、号だけクァン・ホザと記されている)の活動年代は不詳。ただし、1725年に生まれ、金剛山の全景図を描いた愛国的、かつ優れた画法を身につけた画家であったことだけが史料に残っている。

金剛山の景色に魅了された彼は、善良な心と冷めやらぬ愛情をもった金剛山の村人と一緒に暮らしながら自分の才能を遺憾なく発揮して「金剛山全景図」を描いた。

「金剛山全景図」は、世界に類まれな秀麗さと千姿万態の景観をもつ金剛山の厳かな全景を一つの絵巻にあらわした絵画である。

内金剛に重点を置いた絵画は、外金剛や海金剛に至る、広い地域の景色を集約して描いている。

画家は、主要なものは生かし、副次的なものは省く手法を用いることによって、このように膨大な内容を一つの画面に写し、繊細、かつ簡潔な、力強い筆致であらゆる自然・地物と建築物を正確、かつ生き生きと描写している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved