白頭山ブルーベリー

白頭山ブルーベリー

 

白頭山ブルーベリーは朝鮮の有名な特産物である。

朝鮮でブルーベリーを利用してきた歴史は長い。

ブルーベリーは、朝鮮の白頭山一帯の高地に群生し、白茂高原一帯と金剛山の毘盧峰などの高山地帯に分布している。

その高さは普通30~40cm、最高1.2mくらいであり、7月下旬から9月下旬まで黒紫色の実が熟する。

ブルーベリーは、糖分や蛋白質、粗脂肪など人間の体によい薬成分と各種のビタミンが含まれているので高血圧や動脈硬化症などの治療と補血強壮剤として利用されている。白頭山ブルーベリーを加工してシロップなどの清涼飲料やゼリー、酒をつくることができる。

現在、三池淵ブルーベリー飲料工場ではシロップやゼリー、酒などブルーベリー加工食品を専門に生産している。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved