絵画に長けていたチョン・セグァン

絵画に長けていたチョン・セグァン

チョン・セグァン(16世紀後半期)は、河東人で進士であったということが知られているだけで、その生涯と創作活動について詳細に伝える史料はない。

彼が残した代表的な作品中の一つである絵画「漁猟」は、勤労する人民を主人公として選定し彼らの生活と感情を画面に写したことに作品の進歩性があり、また人物画創作において従来の画一的な枠を破って人物の性格創造に力を入れたことに重要な意義がある。

この一つの絵画を見ただけでも、彼が先進的な画風を持った才能ある画家であったことがよくわかる。

その他に、彼が残した作品としては「山と水を治める」がある。高く険しい山と渓谷、曲がりくねって流れる江水と波打つ外海を治める人民の困難、かつ躍動する労働過程を俯瞰図の形式をもって生き生きと描いている。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved