「労働新聞」 資本主義報道出版物はブルジョア思想文化と生活風潮を宣伝し、助長させる媒介物

「労働新聞」 資本主義報道出版物はブルジョア思想文化と生活風潮を宣伝し、助長させる媒介物

 

13日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、資本主義社会でマスメディアは「言論の自由」という看板を掲げているが事実上、支配階級、資本家階級の反動的な内外政策を擁護し、彼らの利益を代弁する御用ラッパ手にすぎないと主張した。

同紙は、資本主義社会で報道出版物は腐り切ったブルジョア思想文化と生活風潮を宣伝し、助長させる媒介物であるとし、次のように明らかにした。

資本主義社会で支配階級は、出版報道機関を勤労者大衆の健全な思想意識を麻痺させる手段、自分らの利潤追求のための商業的営利機関に利用する。

報道出版物によって伝播されるブルジョア思想文化の影響によって、資本主義社会では搾取と略奪、詐欺とペテン、殺人と人身売買をはじめとする各種の犯罪が横行し、不倫背徳がはびこっており、民族差別意識と人種主義、人間憎悪思想が鼓吹されている。

結局、ブルジョア思想文化を注入させる報道出版物の影響によって人々は自主意識が麻痺し、思想的・文化的に腐敗堕落している。

資本主義社会で報道出版物は、支配階級の侵略的な対外政策の実現に奉仕する道具である。

資本主義社会で勤労者大衆に対する搾取と抑圧、他国に対する侵略と略奪を合理化し、自主的な思想意識を抹殺する反動的思想文化を流布させる上で報道出版物は大きな役割を果たしている。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved