人民の幸福を実現するために

人民の幸福を実現するために

 

金正恩委員長は常に、人民のことを心の中に抱き、彼らの幸福のために自分のすべてをささげている。

チュチェ102(2013)年9月のある日、委員長は風光明媚な綾羅島に立派に建設された綾羅4D映画館を訪ねた。

映画館の中央ホールに入った委員長は、綾羅人民遊園地に綾羅4D映画館を短期間に立派に建設したとして、たいそう満足した。

そして、映画館の観覧室に立ち寄り、自ら律動シートの安全ベルトを結び立体メガネまでかけ、人民が利用すべき観覧室の多様な時間効果と音響感覚、運動感覚、空間感覚はもちろん、シートの律動状態までつぶさに確かめた。また、総合事務室に立ち寄り、コンピューターと電子ピアノなど編集設備を一つ一つ見て幹部たちにスキーを滑る映画をはじめ、より刺激の強い映画を制作するよう指示し、人々が漁夫のように海で魚を獲ることを体験できるよう、船に乗って海で魚を獲る映画も制作し、若者たちは恐竜や怖いシーンが出る映画を好みかねないと教えた。

同日、委員長は同行した幹部たちに平壌市内の各区域と地方にも4D映画館を設けてやろうとした。

チュチェ107(2018)年の2月のある日の深夜、首都の街頭には一台のトロリーバスが走っていた。

その新型のトロリーバスには委員長が乗っていた。

人民が利用するトロリーバスであるだけに不十分な点があってはならない、自分が先に乗って確かめてこそ気が置けるとし、時間を割いて深夜にその試運転を指導していたのである。

委員長は幹部たちに、新たにつくったトロリーバスの性能を外形だけ見ては分からない、その電車に乗る市民の立場に立って不十分な点がないのかを共に確かめて見ようとした。

その夜のいきさつは、人民の幸福を実現する道に自分の喜びと生き甲斐を求める委員長の人民愛を伝えている。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved