朝鮮外務省代弁人の回答

 

朝鮮民主主義人民共和国外務省のスポークスマンは、米国務長官ポンペオが南シナ海問題をもって中国を非難する声明を発表したことで15日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

13日、米国務長官ポンペオは南シナ海問題に関連して中国の南シナ海領有権主張は完全に不法であると述べ、中国共産党の類例のない威嚇に対して米国と同盟国、パートナーの国家は共通の利害関係を持っていると力説した。

アジア国家でもない大洋向こうの国家が南シナ海問題を取り上げてでまかせにしゃべったあげく、それを中国共産党と結び付けて中傷したのはたいへん不純な発想である。

最近、ポンペオが中国に向かって述べる数多くの発言を詳しく見れば、彼が何を企んでいるのかを知って余りある。

中国のメディアに対しては「中国共産党の宣伝機関」、新型コロナウイルス事態は「中国共産党が招いた危機」、中国の5世代通信企業は「中国共産党の道具」というふうに中国共産党を甚だしく愚弄している。

はては、米国内で盛んになっている人種差別抗議デモまでも、中国共産党が体制正当化に悪用するという浮説まで流布させるほどに中国共産党に対する体質的な拒否感を全世界にさらけ出した。

ポンペオが起こる全ての事を中国共産党と結び付けて無鉄砲に謗る理由について、次のようにも分析することができる。

それは第一に、中国共産党に対する中国人民の信頼を落とし、第二に、中国共産党の国際的イメージをダウンさせ、第三に、中国を内外から引き続き苦しませて押さえつけようということである。

中国共産党を嫉視(しっし)し、愚弄するのはすなわち、中国人民が選択した政治制度と理念に対する否定であり、中国共産党の指導を受ける中国人民に対する露骨な無視、冒瀆(ぼうとく)となる。

「共産党がなければ新しい中国もない」というのは、中国人民の心の中に根付いた信念であり、真理である。

われわれは、ポンペオの危険極まりない反中国発言を峻烈(しゅんれつ)に糾弾する。

中国を眺める逆さまになった病的視角でポンペオが朝鮮労働党が導くわれわれの社会主義制度に対しているということは、すでに複数の機会に捕捉された。

ポンペオが共産党と共産党が導く社会主義制度を悪意に満ちて謗るほど、中国共産党の不抜さと社会主義制度の優越性だけをさらに際立たせるだけである。

ポンペオは、他国の事に時を構わず干渉して世論を混濁させ、騒音公害を起こしてはならない。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved