朝鮮外務省代弁人 米国の対朝鮮敵視政策に便乗した英国の行為を糾弾

 

朝鮮外務省のスポークスマンは、最近、英国が朝鮮をはじめとする諸国を相手にするいわゆる「世界人権制裁法―2020」なるものを発表したことで11日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

去る6日、米国の操り人形である英国が人権蹂躙(じゅうりん)に関連する独自制裁法なるものを発表し、「脱北者」というくずの連中が提供した虚偽捏造(ねつぞう)資料に基づいてわれわれの国家保衛省と社会安全省を第一の制裁対象と指定する重大な挑発行為を働いた。

英国の今回の行為は徹頭徹尾、米国の対朝鮮敵視政策に便乗した汚らわしい政治的謀略策動である。

米国務省が翌日、それを歓迎する立場を明らかにしたことがその明白な証拠である。

英国は米国に追随したあげく、今や一国の内務安全機関まで自国の制裁対象とする破廉恥な行為もためらっていない。

われわれは、英国がわが国家の安保に責任をもった機関をあえて制裁対象にしたことに対してわが国家に対する乱暴な内政干渉と強く糾弾し、断固と排撃する。

いわゆる「独自性」を主張してEU(欧州連合)から脱退したなら、米国に追随するのではなく自分の定見を持って行動すべきではないか。

英国は、必ず代償を払うことになるであろう。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved