朝鮮外務省の米国担当局長が談話を発表

 

朝鮮民主主義人民共和国外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は7日、次のような談話を発表した。

時ならぬ時に浮かび上がった「朝米首脳会談説」に関連して先日、われわれの第1外務次官は談話を通じて明白な立場を発表した。

談話では、時もわきまえずまたもや、朝米首脳会談の仲裁意思を明らかにした差し出がましい人についても言及した。

事実、言語も異ならないので別によく見なくても容易に聞き分けられるように明々白々と伝えたわれわれの立場であった。

にもかかわらず、耳が遠いのかそれとも気のままにしゃべるのに慣れているのか、今も南側の近所からは朝米首脳会談を仲裁するための自分らの努力には変わりがないという途方もない声が引き続き出ている。

はては、ある人たちはわれわれの第1外務次官の談話が「米国が行動しろというメッセージ」であり、「もう少し譲歩しろという一種の要求」であるという我田引水のような解釈まで出している。

段々とより複雑にもつれていく朝米関係を正すとして、まるでいわゆる「解決師」にもなるかのように自任して自分のことも処理できずに他人のことを心配しているのだから、実に見ものだというべきであろう。

今や、でしゃばるのもやめる時になったようだが、その癖を直すには薬も処方もないようだ。

そのように、しきりにひょいと時もわきまえず寝言のようなことを言っているのだから、北南関係だけがよりいっそう悪くなるだけだ。

実に、見るのも気の毒だが、「仲裁者」になろうとする未練がそんなにも強烈で、最後まで努力してみるのが本当に願いなら、やってみろということである。

その努力の結果を見ることになるか、それとも元も子もなく嘲笑だけを買うようになるかは時間が経つにつれて分かることになるであろう。

再度明白にしておくが、われわれは米国人と対座する考えがない。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved