朝鮮労働党統一戦線部代弁人 対南報復ビラ散布闘争はいかなる合意や原則に拘束されたり、考慮されない

 

朝鮮労働党中央委員会統一戦線部のスポークスマンは20日、次のような談話を発表した。

6月20日、南朝鮮の「統一部」がわれわれの対南ビラ散布計画に対して「遺憾」を表し、即刻中断することを求めるという立場を表明した。

そして、われわれの対南ビラ散布計画が北南合意に対する明白な違反であると道理にかなわぬ言葉を吐いた。

これ以上、言い返したり、荒く言いたくないが、顔がほてるのではないかと問わざるを得ない。

今まで、自分らが働いた行為があるのに、いかにそんなにも身の程をわきまえず遺憾だの、違反だのなどということを口にすることができるのか。

その図々しさについて言うなら、この世の誰にも劣らず、まれな特急鉄面皮漢であると言わざるを得ない。

本当に、このごろ南朝鮮当局の忙しい言動はひとりで見るには惜しい。

明白な立場を明らかにする。

ビラ散布が北南合意に対する違反であることを知らなくてでもないが、すでに破綻(はたん)した北南関係を巡ってわれわれの計画を考慮したり、変更したりする意思は全くない。

違反だの、何だのという手遅れの原則性を持ち出す前に、北南衝突の導火線に火をつけて誰が先に何を強行して黙認し、事態をこの域にまで悪化させたのかを振り返るべきであろう。

今になって覆そうとしても覆すことができず、否認することもできない「ゴム風船事件」の顛末を全世界が全て知っている。

今や、反故(ほご)になってしまった合意に対して南朝鮮当局はこれ以上、論じてはならない。

全人民の意思に従って計画されている対南報復ビラ散布闘争は、いかなる合意や原則に拘束されたり、考慮されないということを再三はっきりさせておく。

今回の機会に、南朝鮮当局者らがつねに口にしている「立場を変えて考える」立場に立って全く同じように一度経験すれば、われわれが感じる嫌悪を少しでも理解し、それがどんなに気分が悪いことなのかをはっきり知ることになるであろう。

 

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved