朝鮮外務省の金桂官顧問談話

朝鮮外務省の金桂官顧問談話

 

【平壌1月11日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省の金桂官顧問は11日、次のような談話を発表した。

新年の年頭から、南朝鮮当局がわが国務委員長に送る米大統領の誕生日祝いのあいさつを大緊急伝達するとして騒いでいる。

米大統領がワシントンを訪れた青瓦台の関係者に会った席上、わが国務委員長に忘れずに伝達してくれと頼んだ内容だとして南朝鮮当局が大緊急通知文でその報を知らせてきたが、おそらく南朝鮮当局は朝米首脳の間に特別な連絡ルートが別にあることをまだ知らないようだ。

南朝鮮当局が息せき切って興奮の余り全身を震わせて大緊急通知文で知らせてきた米大統領の誕生日祝いのあいさつなるものを、われわれは米大統領の親書で直接伝達された状態である。

一家族でもない南朝鮮が、わが国務委員長に送る米大統領のお祝いのあいさつを伝達すると言ってひょうきんに振る舞ったが、自分らが朝米関係で「仲裁者」の役を担ってみようとする未練が依然と残っているようだ。

首脳の間に親交を結ぶのは国家間の外交で自然なことであるが、南朝鮮が金正恩国務委員長とトランプ大統領の親交に差し出がましく割り込むのは少しせん越なことだと言わざるを得ない。

周知のように、わが国務委員長とトランプ大統領の親交が悪くないのは事実である。

しかし、そのような親交を土台に、もしかしてわれわれが再び米国との対話に復帰するのではないかという期待感を持ったり、またその方向に雰囲気をつくっていこうと頭を使うのは愚かな考えである。

われわれは、米国との対話のテーブルで1年半以上だまされ、時間を失った。

たとえ、金正恩国務委員長が個人的にトランプ大統領に対する好感を持っているとしても、それはあくまでも文字通り「個人」的な感情であるだけで、国務委員長はわが国家を代表し、国家の利益を代弁する方としてそのような私的な感情を土台に国事を論じないであろう。

明白なことは、今後、再びわれわれが米国にだまされてかつてのように時間を捨てることは絶対にないということである。

平和的人民がなめる苦労を少しでも減らすために一部の国連制裁と国の中核的な核施設を丸ごと換えようと提案したベトナムでのような協商は二度とないであろう。

われわれには、一方的に強要されるそのような会談に再び出る必要がなく、会談のテーブルで商売人のように何かと何かを交換する意欲も全くない。

朝米間に再び対話が成り立つには、米国がわれわれが提示した要求事項を全的にうなずく状況でのみ可能だと言えるが、われわれは米国がそのようにする準備ができておらず、またそのようにすることもできないということをよく知っている。

われわれは、われわれが行く道をよく知っており、われわれの道を行くであろう。

南朝鮮当局は、このような状況でわれわれが何らかの誕生日祝いのあいさつを伝達されたとして誰かのようにこの上なくありがたく思って対話に復帰するというはかない夢を見るのではなく、介入して元金も取れない馬鹿の境遇になるのを願わないならば自重している方がよかろう。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved