朝鮮人民軍総参謀長、談話発表

朝鮮人民軍総参謀長、談話発表

 

朝鮮人民軍の朴正天総参謀長は14日、次のような談話を発表した。

最近、国防科学院が重大な意味を持つ実験を次々と成功裏に行って、国防力の強化において巨大な成果を収めていることを私はたいへんうれしく思う。

最近、行った国防科学研究実験の貴重な資料と経験、そして新しい技術は米国の核脅威を確固と、頼もしくけん制、制圧するための朝鮮民主主義人民共和国のもう一つの戦略兵器の開発にそのまま適用されるであろう。

力のバランスが徹底的に保障されてこそ、真の平和を守り、われわれの発展と将来を保障することができる。

われわれは、巨大な力を備蓄した。

われわれは、敵対勢力の政治的挑発と軍事的挑発にも全て備えられるように準備されていなければならず、対話にも、対決にも不慣れではならない。

わが軍隊は、最高指導者のいかなる決心も行動で貫徹できる全ての準備ができている。

われわれの力の実体を評価するのは自由であるが、正しく見て判断する必要がある。

先鋭な対決状況の中で、米国をはじめとする敵対勢力はわれわれを刺激するいかなる言行も謹んでこそ、年末を安らかに送ることができるであろう。

感想文

홈페지봉사에 관한 문의를 하려면 여기를 눌러주십시오
Copyright © 2003 - 2020 《조선륙일오편집사》 All Rights Reserved