主体108(2019) 11月 21日

世界最初の雨量計はいつから製作、利用されましたか?

1441年、朝鮮で世界最初の雨量計「測雨器」が製作されました。

測雨器は円筒形の器を測雨台の上に置いて雨を受け、雨量を測定するようになっています。

測雨器は中央及び各地の官庁の庭に設けられましたが、首都のそれは鉄または銅製であり、地方のものは磯器や瓦器で作られていました。

イタリアで最初に雨量計が考案されたのは1639年のことですが、全国的な規模で設置し、中央で雨量を総合的に掌握する制度が確立したのは、それよりはるか後のことです。

朝鮮の測雨器はヨーロッパの雨量計より約200年先んじて製作、利用されました。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved