主体108(2019) 11月 15日

金応瑞はどんな人物ですか?

金応瑞(1564~1624)は武官で、壬辰祖国戦争初期には別将、平安道防御使などを務めました。

1592年7月、平壌城の陥落後、彼は占領軍を駆逐すべく、龍岡(リョンガン)、江西(カンソ)など平壌近辺の愛国的人民を結集して戦闘隊伍を組みました。

彼は、当時、城内に残り敵運に仕えてその動きを探っていたキーセン桂月香とつながりをつけ、その手引きで秘かに敵陣内に潜入し、敵の裨将を殺害したうえで1593年1月、麾下の部隊を率いて城内に突入し、敵軍を撃滅する戦いで大功を立てました。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved