主体108(2019) 9月 19日

西山大帥はどんな人物ですか?

西山大帥(1520~1604)は僧侶で、西山(妙香山)に住んでいたことで西山大帥と呼ばれました。

壬辰祖国戦争に際して、彼は全国の僧に檄を飛ばして、1500名の僧兵を組織し、70の高齢をおして僧兵の先頭に立ち、平壌城奪回戦に参加しました。

その後、侵略軍が南海岸に押し返され、国の危難が一応解消されると、弟子の四溟堂(サミョンダン)と処影(チョヨン)に僧兵の指揮をゆだねて妙香山に帰りました。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved