主体108(2019) 9月 19日

南朝鮮の大学生 日本の傲慢な振る舞いを糾弾して一人示威

 

南朝鮮での報道によれば最近日本が、南朝鮮の半導体産業に対する輸出規制措置を講じたことに関して、去る3日南朝鮮の「ギョレ・ハナ」所属の大学生が南朝鮮駐在の日本大使館の前、強制徴用労働者像の前などでそれに抗議し糾弾する一人示威を行った。

一人示威に入った大学生は「賠償の代わり報復!」「日本に憤怒する!」との掲示板を持って過去罪悪に対する謝罪と反省はおろか、より傲慢にふるまっている日本の安部一味を断罪・糾弾した。

また大学生は毎週木曜日ごとに日本大使館の前で抗議闘争を展開する意を表明した。

同日、同団体は声明を通じて、日本は破廉恥な経済報復措置を即刻撤回し、謝罪と賠償に臨むべきと要求した。

終わりに70年を超える長い間、一言の詫びも聞かれなかった被害者のうっ憤と恨みを全民族は絶対忘れてはならないと強調した。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved