主体108(2019) 11月 21日

朝鮮労働党は人民大衆との渾然一体をどのように実現したのですか?

朝鮮労働党は、創立当初から人民大衆との渾然一体を実現するために党を大衆的党として建設しました。

党を大衆的党として建設するというのは、党に労働者階級をはじめ勤労者大衆の先進分子を受け入れ、党を広範な勤労者大衆の利益を擁護してたたかう党として建設することを意味します。

朝鮮労働党が史上初めて大衆的党建設の理論を示し、それを深化発展させることによって、労働者階級の党の性格と面貌が新たに明らかにされ、社会主義偉業を導く革命的党の建設の新たな道が開かれました。

朝鮮労働党はまた、人民大衆との渾然一体を実現するために党を母なる党として建設しました。

党を母なる党として建設するというのは、党を人民大衆の運命に責任を持ち、それを温かく見守り、導く党として建設することを意味します。

朝鮮労働党は領袖の賢明な指導のもとに党を母なる党として建設することによって、朝鮮労働党の伝統的な政治方式である仁徳政治、幅の広い政治が徹底的に実現され、その生命力を国際社会に誇示することができました。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved