主体108(2019) 12月 12日

 

 

三池淵郡邑地区の竣工式、盛大に

 

【平壌12月3日発朝鮮中央通信】三池淵郡邑地区(両江道)の竣工(しゅんこう)式が2日、盛大に行われた。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官であるわが党と国家、武力の最高指導者同志が、竣工式に参加した。

白頭山密営の生家が位置している栄光の地である三池淵郡の邑地区が、現代文明が凝縮した社会主義山間文化都市のモデルに転変したことによって、総書記の不滅の革命活動史と業績を万代に末永く輝かそうとするわが党と人民の確固不動の信念と意志が力強く誇示され、朝鮮労働党の地方建設構想を成功裏に実現していくことのできる革命的跳躍台が築かれた。

歓迎曲が響く中、敬愛する最高指導者党委員長が竣工式場に姿を現した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会第1副委員長である最高人民会議常任委員会の崔龍海委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会副委員長である朴奉珠党副委員長が、竣工式に参加した。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員である金才龍内閣総理が、参加した。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容副委員長、董正浩内閣副総理、両江道党委員会の李象元委員長、朴勲建設建材工業相、三池淵郡党委員会のヤン・ミョンチョル委員長、各道の党委員長と人民委員長、省、中央機関の活動家、216師団の指揮官と突撃隊員、三池淵郡をはじめ両江道内の活動家、人々、学生少年が、これに参加した。

朝鮮人民軍の朴正天総参謀長(陸軍大将)と武力機関の活動家、軍人建設者が、参加した。

崔龍海委員長が、竣工の辞を述べた。

崔龍海委員長は、委員長の指導に従って一心団結の革命精神と自力更生の威力で総書記の故郷郡を世界一の人民の楽園により立派に転変させ、社会主義強国建設偉業を早めて実現するために邁進(まいしん)することについて強調した。

最高指導者委員長が、竣工のテープを切った。

とどろく「万歳!」の歓声と共に花火が打ち上げられ、ゴム風船が飛び立って三池淵郡邑地区の空を美しく飾った。

続いて、三池淵郡邑地区の建設で奇跡を生み出し、偉勲を立てた216師団建設者の隊列行進が行われた。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved