主体107(2018) 11月 17日

 

 

党委員長が訪朝中の栗戦書委員長に接見

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、朝鮮国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党と国家、軍隊の最高指導者同志が9日、朝鮮労働党中央委員会の本部庁舎で、中国共産党中央委員会総書記である習近平国家主席の特別代表として訪朝中の中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員である中国全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長に接見した。

習近平総書記の特別代表である栗戦書委員長率する中国党・政府代表団のメンバーである中国共産党中央委員会の宋濤対外連絡部長、全国人民代表大会常務委員会の楊振武秘書長、李進軍駐朝中国大使がこれに共に参加した。

敬愛する最高指導者同志は、朝鮮創建70周年祝賀行事に参加するために朝鮮を訪問した栗戦書委員長をはじめとする代表団員と懐かしく対面して記念写真を撮った後、温かい談話をした。

栗戦書委員長は席上、敬愛する最高指導者同志に寄せた中国共産党中央委員会総書記である習近平国家主席の親書を丁重に伝達した。

敬愛する最高指導者同志は、習近平主席が温かくて立派な親書を送ってくれたことに深い謝意を表した。

栗戦書委員長は、敬愛する最高指導者同志が代表団を最大に重視して特別に歓待し、国慶節祝賀行事の日程でそれほど多忙な中でも自ら接見してくれることに感謝をささげながら、習近平総書記同志の委任によって朝鮮民主主義人民共和国創建70周年を迎えている朝鮮労働党と朝鮮政府、全朝鮮人民を熱烈に祝うと述べた。

敬愛する最高指導者同志は、習近平総書記同志が共和国創建70周年祝賀行事に栗戦書同志を自身の特別代表として派遣し、党・政府代表団を送ってくれたのはわが人民に大きな力と鼓舞になると述べ、代表団の朝鮮訪問を熱烈に歓迎し、尊敬する習近平同志、そして中国の党と政府と人民に温かいあいさつを贈った。

敬愛する最高指導者同志は、最も信頼する友好的な隣邦から来た大事な同志たちをわが党と政府と人民が最大の誠意を尽くして手厚く迎接するのは当然な道義、義務であると述べ、わが人民が大きな喜びと誇りの中で迎える最大の国家祝日を契機に成された習近平総書記同志の特別代表である栗戦書同志の朝鮮訪問は新しい情勢の下で日々立派に強化、発展する不敗の朝中親善を再度誇示する重要な契機になるであろうと語った。

敬愛する最高指導者同志は、朝中両国の共同の貴重な富である朝中親善を絶えず強化し、発展させていこうとするのは朝鮮労働党と政府の確固たる選択であり、絶対不変の方針であると述べ、習近平同志とすでに合意した通りに高位級往来をいっそう強化し、戦略的意思疎通を緊密にして誰も手出しできない特殊かつ堅固な朝中関係をより強固に、深みのあるものに発展させていく意志を披れきした。

栗戦書委員長は、両国の老世代指導者たちが自らもたらし、培ってくれた中朝親善は地域情勢の変化と歴史の風波に打ち勝ってこんにち、両党の最高指導者たちの特別な親交関係に基づいてさらに厚い関係に昇華していると述べ、国際情勢がいかに変わっても中朝関係を持続的に、安定的に発展させ、促していこうとする中国党と政府の確固不動の立場には変わりがないと語った。

敬愛する最高指導者同志は、栗戦書委員長と朝中両党、両国関係の強化、発展と互いに関心に寄せる問題について飾り気のない互いの意見を交換した。

談話は終始、友好的で和気あいあいとした雰囲気の中で行われた。

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved