主体107(2018) 11月 18日
党委員長が故朱奎昌氏に深い哀悼の意表す

【平壌9月5日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官であるわが党と国家、軍隊の最高指導者同志が、朝鮮労働党中央委員会委員候補で朝鮮最高人民会議代議員、アカデミー会員、教授、博士である党中央委員会顧問の朱奎昌氏の死去に際して4日、故人の霊柩を訪れて深い哀悼の意を表した。

弔問には、太宗秀、金平海、李炳哲、洪承武、弘永七、姜峯訓の各氏が参列した。

最高指導者からの花輪が備えられていた。

最高指導者は、大事な革命同志を失った悲痛な心を抱いて故人を追悼して黙とうした。

最高指導者は、故人の遺族に会って深甚なる弔意を表し、温かく慰労した。---

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved