主体107(2018) 9月 20日
独島が正しい理由

広田 - 埼玉 - 中学生

2018-04-27,   閲覧回数: 671

現在の独島は、古代から于山島の名で知られている韓国の領土である。1696年、朝鮮の安龍福が現在の独島から日本人を追い返し日本の将軍に抗議するため日本へ渡った。その後、幕府は朝鮮政府に対し鬱陵島(当時の竹島)と現在の独島を放棄している。1877年の明治期に日本は太政官指令により鬱陵島と現在の独島を日本の領土から外している。1900年、大韓帝国勅令第41号[4]が官報に掲載され、独島は石島という名で鬱島郡(=現、鬱陵郡)の管轄となった。1905年の日本の独島編入は、日本の韓国侵略の過程で行われたものであり無効である。 現在の独島は歴史的にも国際法的にも朝鮮領土であり、朝鮮が国際司法裁判所に付託するいかなる理由も存在しない。

書き込み
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 
戻り

Copyright © 2003 - 2018 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved