主体108(2019) 11月 21日
「労働新聞」 科学技術重視の観点と仕事ぶりを国風に確立しよう

【平壌11月8日発朝鮮中央通信】8日付けの「労働新聞」は社説で、国の科学技術力を最短期間内に飛躍的に発展させてわが祖国を自力によって世界に先んじる強大な国家に輝かそうとするのは朝鮮労働党の確固たる意志であると強調した。

同紙は、科学技術重視は朝鮮労働党が富強な祖国の建設の初期から一貫して堅持してきた戦略的路線であると明らかにした。

また、科学技術重視の観点と仕事ぶりを国風に確立すべきだという朝鮮労働党の思想は知識経済時代の国と民族の存立と発展に関する科学的な分析から発しているとし、次のように指摘した。

全人民が科学技術に対する正しい観点を持つのは、科学技術重視の国風を確立するための先決条件である。

全社会的に科学者、技術者を尊重し、優遇する気風を確立しなければならない。

こんにち、党と革命を擁護し、われわれの偉業を前進させる上で科学技術部門が最前線であるなら、科学者、技術者はその主力部隊である。

科学者、技術者の先鋒的役割があるのでわが国家の戦略的地位が最上の域に上がり、わが人民の幸せな未来が早められているのである。

全国に教育重視気風を確立しなければならない。

教育は科学技術の母であり、科学技術重視気風はすなわち、教育重視気風である。

われわれは、朝鮮労働党が提示した「科学によって飛躍し、教育によって未来を保障しよう!」というスローガンを高く掲げて教育大革命の炎を激しく燃え上がらせなければならない。

科学技術重視の観点と仕事ぶりを国風に確立するための闘いにおいて活動家が先頭に立たなければならない。

ともに、科学技術重視の観点と仕事ぶりを国風に確立すべきだという朝鮮労働党の意図を貫徹して、一日も早く国の科学技術を世界的水準に押し上げ、社会主義強国の建設に新たな転換をもたらそう。---

感想文
Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

Copyright © 2003 - 2019 《Korea Ryugilo Editorial Bureau》

All Rights Reserved